fc2ブログ

森さんは老害なのか?

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森会長が

日本オリンピック委員会(JOC)の会議で女性蔑視発言をしたそうです。

JOCの女性理事の割合を40%に増やす目標に対して

「女性が多い理事会は会議時間が長くなる。

ラグビー協会は女性理事が増えてから時間が長くなった。

女性同士で張り合って

1人が発言すると別の人も発言しないと思うらしく発言が長い。

JOCの女性理事の皆さんは専門分野で活躍した人たちで

わきまえているので的を射た発言で役立っている。」

というような趣旨の発言をしたそうです。

その発言を聞いて

参加している理事さんの中から

笑い声がこぼれたそうです。



朝の情報番組でラグビー協会関係者の証言が紹介されていましたが

ラグビー協会の理事には

女性が増えているのは事実だそうですが

女性理事の発言が長いので時間がかかるかどうかは

根拠がないそうです。

実際の議事録などを調べてみれば

誰が何分しゃべったかは記録されていると思いますので

森さんはそういった事実に基づいて言ったのかと思いましたが

昨日午後からの記者会見で

「自分が思ったのではなくラグビー協会の人から

そういう話を聞いた」

と言っていましたので

それが事実だとすると誰がそういうことを言っているのか

ラグビー協会自体も反省をする必要があるのではないかと思います。

まあ、そういう体を装っているだけで

実際は森さんがそう思っているんだと感じますが。



では、ラグビー協会の議事録を精査したとして

女性理事の発言時間が

男性理事の発言時間に対して長かったという結果が出たとしましょう。

そもそも会議ですから

発言時間は担保されるべきで

「黙っていろ」というのは会議に出る意味がありません。

女性理事が5人話して

男性理事が1人しか話さなかったというような結果が出ても

女性理事が話過ぎるという結論にはならないと思います。

これは理事6人が話したという事実にしかなりません。

会議の中で発言もせずじっと座っているだけの男性理事がいたとして

本当にその人が会議に有益であるかどうか

そっちの方が問題じゃないでしょうか。



女性理事の発言時間が長いので

発言時間を区切って欲しいという要望なのかもしれませんが

それならば会議の中で

1人当たりの配分時間を設定すれば良いだけの話なので

女性理事の話が長いというような歪曲した固定観念に縛られるのは

おかしいのではないでしょうか?

堂々巡りになりますが

そもそもラグビー協会関係者の証言では

女性理事の発言が長いので会議が長くなった根拠はないそうですけど。



JOCをはじめ様々な機関で

女性登用とか女性の割合を高めるとかいう議論が起こりますが

そういう議論があること自体が

女性蔑視の土台があるのかなと思います。

性別にかかわらず

優秀な人が登用されていれば

女性の割合の方が多くなるのではないかと思いますけれど。

ただ女性の場合は

活動に制限がかかることが多いので

社会進出が遅れがちであるというのは事実だと思います。

日本は先進国の中でかなり遅れていますので

もう少し先進的になればいいなと思います。



ということで

森さんの発言は

森さん自身の偏見に基づいた意見だと思います。

偏見に歪んでいるのは個人の資質だと思いますし

もう80過ぎたおじいさんの頭を柔らかくすることは不可能だと思いますので

どうしようもないのではないでしょうか。

組織委員会の会長を辞任するべきだという意見もありますが

日本はダイバーシティー後進国ですので

この問題の意味が理解されていないと感じますし

森さんが自分から辞めることはないでしょうし

周囲も引き留めるんじゃないでしょうかね。



ラグビー協会の問題は

ラグビー協会の中で解決すべきだと思いますし

森さんの牽制みたいな発言によって

JOCの女性理事さんの自由闊達な発言機会が

奪われることを危惧しています。

というか問題発言ばっかりするくらいなら

森さんが黙っていればいいと思います(笑)



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR