fc2ブログ

ホットカーペットをつけました。

9月の連休明けぐらいには

籐の敷物から

ホットカーペットに変えていたように思いますが

電源は入れていませんでした。

さすがに昨日の夜は寒かったので

ホットカーペットの電源を入れました。

でも低温に設定していたので

猫にはちょっと寒かったようです。

今朝からは中温にしていると

2匹とも猫カゴに入って丸くなって昼寝していました。



今年の夏前に

ホットカーペットを片付ける際には

猫カゴは3つあったのですが

テンテンが亡くなった時に

棺として使用して火葬場に連れて行き

猫カゴごと火葬していただいたので

今は猫カゴは2つしかありません。

我が家は仔猫が来ると

その猫の猫カゴを買うことにしているので

まさに「ゆりかごから墓場まで」という感じで使用しています。

テンテンのお兄ちゃん猫が亡くなった時にも

その子の猫カゴを棺として使用しました。



猫カゴは籐の脱衣カゴなのですが

14年前(2006年)にハチコ先生のために購入したときは

すごく丈夫で立派な籐カゴが値下がりしていて2000円でした。

その2年後(2008年)に

テンテンとお兄ちゃん猫のために購入したときには

インドネシア製でちょっと頼りない感じでしたが

1個1500円でした。

2年前(2018年)にチビのために購入したときは

海外製で同じように頼りない感じでしたが

なんと4000円もしました。

国産品のしっかりしたのを買うと何万もすると

お店の人が言っていました。

次に猫が来た時にまた猫カゴを買うと思いますが

きっと値上がりしているに違いないと思います。



チビはテンテンがいなくなって

遊び相手がいないので

体力が余ってハチコ先生を狩っています。

ハチコ先生はもうおばあちゃんだし

もともと1人が好きなタイプなので

チビのことを持て余しています。

本当なら仔猫を貰ってきて

チビと遊ばせてあげたいのですが

ハチコ先生に老齢性の病気が見つかって

今は薬を服用中です。

薬のコントロールが出来て

血液検査の結果が落ち着くまでしばらく様子を見ています。



話は変わって

子ども食堂についてです。

私が住んでいる地域にも子ども食堂がありまして

この前の回覧板で10か所以上が紹介されていました。

もともと子どもの貧困家庭が増えていて

日本の子どもの7人に1人が貧困に苦しんでいるそうです。

また新型コロナで収入が減ったおうちも多いようです。

そういう意味で

子ども食堂の活動を広く知らせるために

回覧板で紹介されていたようです。

我が家から一番近いところにある子ども食堂に

出来る範囲での協力ということで

ほんの少額ですが寄付して来ました。

菅さんのいう「自助・共助・公助」の共助に当たるかと思います。

子ども食堂の代表の方にお話を伺うと

新型コロナの影響で食堂としての活動が無理なので

お弁当にしておうちに持って帰ってもらっているそうです。

30食分ぐらい出たそうです。

子ども食堂の活動があって

栄養をつなげていけるということは

素晴らしいことだと思います。

子どもたちがお腹いっぱい食べられて

悩みなく寝ることができるような環境を作ることが

大人の役目だと思いますので

今後も出来る限りの協力をしていきたいと思っています。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR