fc2ブログ

生きること 死ぬこと

自殺に対する考えを書きますので

辛い方は読まないでくださいね。

もし、悩みを抱えている人がいたら

公的機関などがありますので

相談してみてください。







女優の竹内結子さんが亡くなったと

ニュースを見て

大変驚きました。

今年の1月に赤ちゃんが生まれたばかりだそうで

傍から見ると幸せな人生に思えるのに

ご本人には

人知れない悩みや苦労があったのかなと思いました。



人間誰しも

死にたいと思うことはあると思います。

でも死なないのは

この世に何か引き留めるものがあるからだと思うのですが

突発的に

死に対する心のハードルが下がってしまって

飛び越えて行ってしまったのかなと思いました。

心の振れ幅が大きくなって

死ぬという選択肢に大きく傾いたとしても

揺り戻しがあって

生きていれば楽しいことも嬉しいこともたくさんあると気付いた時に

死ななくて良かったと思える時が来るのではないかと

そう思います。



私も思春期の頃に死にたいと思ったことがありますが

死ぬのは怖いなとか

死んだら家族が泣くかなとか考えたら

ハードルが高くなったので

死なずに今でも生きています。

思春期の時に死んでいたら

それ以降の喜びや楽しみや嬉しさも得られなかったので

生きていて良かったと思います。

大人になってからは

嫌なことがあるときは

相手をぶっ殺すとか物騒なことは考えても

死にたいと思ったことはないです。

お互いにとって幸いなことに

まだぶっ殺した人はいません。

今は、ガン患者なのでそのうち死にますし

そうでなくても

人間には寿命があると理解していて

どのみち死にますので

死にたいと思うことは無いです。

ガンは痛いらしいので

これから先に

この痛みから逃れるために死にたいと

思わないこともないとは思いますが

そういう時期はまだ先のことですし

痛みも生きている証と考えて

イライラしながらも生きているような気がします。



現状から逃げるための手段として

自殺を選択するのだと思いますが

選択肢はもっとたくさんあると思いますので

決定を早まらないで欲しいです。

選択肢が他にないと

万策尽きたと思っても

誰かに相談するとか

誰かに聞いてもらうとかして

選択肢を増やすことも出来ますし、

歌を歌うとか

猫をモフるとか

犬と走り回るとかして

気を紛らすことも出来ると思います。



生きていることに意味があるのですから

この世から居なくならないでほしいです。

どんな辛い状況なのか理解することは出来ませんし

何の助けにもならないと思いますが

この世に存在する

ということが

とてもとても大事なことだと思います。

あなたがこの世から居なくなると

悲しむ人がいるということを

忘れないでください。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR