fc2ブログ

「誤解がある」という誤解

朝の用事をしながら

ワイドショーをザッピングして見ていました。

『スッキリ!』に出ていた感染症専門のお医者さんの話は

なかなか参考になりました。

たまたま『羽鳥慎一のモーニングショー』に変えたときに

羽鳥さんがボードで「和歌山モデル」について説明していました。

和歌山県では国の基準に従わず独自の判断でPCR検査を行い

有田総合病院の感染防止が成功したという内容でした。

国の基準として

「37.5℃以上の発熱が4日以上続いている」

「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」

というのがボードに書いてありました。

このとき、専門家として

元厚生労働大臣の田村さんが出ていて

「これは誤解があるのですが

発熱があってもインフルエンザなどはすぐに病院に行ってもらって

治療してもらうということを前から言っているのですが

誤解されているので

我々も

誤解を解かなければいけないと反省しています」

みたいなことを言われたのですよ。



あれ?

と思いました。

私の理解では

「発熱していても医療機関に行かずにしばらく自宅待機して

37.5℃以上の熱が4日以上続く場合には

病院や保健所に連絡して対応策を仰ぐ」

と思っていたので

インフルエンザなら勝手に病院に行っていいとは思っていなかったです。

それでどういうことか厚生労働省のホームページを調べました。



その基準が示されたのは

「2020年2月24日 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」でして

「4.みなさまにお願いいたいこと」の中に

特に、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。ただし、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご相談下さい。

●風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
 ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

との記載があります。(厚生労働省のホームページから抜粋)

ですので、

インフルエンザと思ったらすぐに病院に行くのは

この提言に反するのではないかと思います。

発熱がインフルエンザなのか新型コロナなのかは

市中感染も拡がっているので

患者本人には分かりません。

用事をしていたので

初めから最後まで

目を皿のようにして見ていたわけではないので

あとから訂正が入ったかどうかは知りません。

「我々」というのがどういう集団かも知りませんが

厚生労働省だか国会議員だかの間でも

理解の深度が違うのかなと感じた一コマでした。



話は変わって、

WHOがパンデミック宣言しました。

遅すぎるような気がしますし、

遅いにしても

このまま行ったら

アフリカや南半球でもう少し感染が拡がってから宣言するのではないか

と思っていたので

なんか中途半端な時期だなと思いました。

WHOはすでに信頼を失っているので

宣言が出たところで

だからどうした

という感じですが、

株の運用アルゴリズムの中に

「パンデミック」は組み込まれていると思うので

やっぱり株価は下がりました。

私も保有株も下がってえらいことになっていますが

長期保有にスイッチしているので

再び上昇するまで何年かは塩漬けと言うことになります。

その時まで生きているかどうか知りませんが

亡くなった後は家族が相続して

名義変更することになっているので

問題はありません。

倒産すると株は紙くずになりますが

しないような企業を選んでいるつもりですけれど

こればっかりは分かりません。

それよりも外貨が下がっているのがとても悲しいです。

中国から日本に感染が拡がった時に

ペア国(アメリカではありません)はまだ感染が無かったので

円安になるかと思っていましたが

逆に円高になって売り時を逃がして

円高が進んでいます。

そのうちに、その国が潰れるんじゃないかと心配しています(笑)



話は変わって

フマキラーがキッチン用エタノールの効能についての

一部報道について強い口調で「当社見解」を発表しています。

一部報道とは何か分からなかったので

色々調べたら

NHK NEWS WEBの「新型コロナ対策あなたの疑問に答えます」

という2月26日19時50分の記事の事のようです。

その中に

「Q.キッチン用エタノールは消毒効果ある?」という質問があり

「A.効果の科学的証明はされていません」という答えが載っています。

日本環境感染学会の○○(名前は伏せています)理事によると、

キッチン用のエタノールは、濃度が50%ほどのものが多く、

現時点ではコロナウイルスへの効果があるか、

科学的には証明されていないということです。(NHKから引用)



フマキラーのキッチン用エタノール3商品は

外部機関に検査を依頼し検査した結果

猫腸コロナウイルスのエンベローブ(膜構造)を破壊することが証明され

同様の構造を持つ新型コロナウイルスにも同等の効果があると

推察されるそうです。

エタノール濃度は低いですが

その他の成分との相互作用があるらしいです。

なるほど。

いろいろな製品があるのですね。

とても興味深いです。

それで、フマキラーとしては自信をもって商品を出しているのに

問い合わせも無く

専門家の一般的な意見を真実であるかのように報道されるのは

お客様や株主や投資家に迷惑がかかるので

我慢がならないということのようです。



消毒用エタノールは80%程度の濃度が

最も消毒効果に優れているらしいです。

細胞膜などを溶かし細菌などを機能不全にするそうです。

そのような論文があるのでしょうが詳しくは知りません。

膜を壊すということでは

界面活性剤も有効なので

新型コロナを退治するには

アルコールでなくとも石鹸でも有効だそうです。

塩素系漂白剤も有効だそうですが

これも膜を壊す仕組みなのでしょうか。

私は郵便ポストやドアノブを拭くときには

「キッチンハイター」をすごく薄めて使っています。

手が荒れるのでセリアで買ったビニール手袋を使っています。

アルコールのウェットティッシュもありますが

もったいないのでドアノブを拭くのには使いません。



先日何かのテレビを見ていましたら

コロナウイルスの特性として

コロナの部分(トゲトゲしたところ)は衝撃に弱いそうなので

空気感染はしないと言っていました。

風に流されるときにその衝撃でコロナが取れてしまうそうです。

コロナが無ければ人体に憑りつくことも出来ませんので

空気感染はしないという論理だそうです。

なるほど~~と思いました。

飛沫感染の場合は、唾や鼻水などの飛沫がクッションになって

コロナが守られるのだなと思いました。

接触感染の場合も人間の皮脂などで守られるのかなと思いました。

唾や鼻水や皮脂がぬぐい取れるような濃度があれば

あとは物理的刺激でコロナが不活性化するのではないかと思います。

ですので、消毒液の濃度にこだわるのも大事ですが

掃除で拭きとる(物理的刺激)ことも重要だと思いました。



話は変わって

かかった時にはどうするか

ということですが

現在は新型コロナ陽性と判断されると

強制的に入院することになっています。

感染症の法律でそのようになってます。

ところが

新型コロナ陽性の患者さんが増えると

医療機関の病床数が足らなくなるので

自宅療養になっていく可能性が高いです。

現行の法律でスイッチが可能なのか

法律を変えないといけないのかは知りません。

自宅療養となったら

インフルエンザと同様の処置で良いと思います。

暖かいものを食べて

ぐっすり寝て

水分を取って

また寝る。

起きていると

起きていることを持続することに栄養や神経が使われますので

とりあえず寝ることがとても重要だと思います。

枕元にポカリスエットや経口補水液を置いておいて

喉が渇いたら飲むと良いと思います。

汗をかいたら乾燥した衣類に着替え

熱が出たら冷たいタオルで冷やす。

ものすごく当たり前のことですが

特効薬もありませんので

そうして自分の力で治すしかないです。



私は腫瘍の病気で4回手術入院しましたが

病院でやること(手術とか術後管理とか)が無くなったら退院になりますので

元気があろうがなかろうが退院させられます。

ぐっすり寝て

起き上がれたら家事をしたりしていました。

洗濯は洗濯機がしますし

買い物はネットスーパーがありますし

特に問題はなかったです。

料理は大したものはできませんし

自分もそんなに食欲がないので

野菜や肉やベーコンなどのコンソメ煮込みをよく作っていました。

火にかけて沸騰したら火を止めて放置しておきます。

(火をかけたまま寝ると火事になりますのでご注意ください。)

その間にぐっすり寝て

起きたらまた火にかけて沸騰させて

というのを繰り返しますと

晩御飯の頃には味がとても染み込みます。

上澄みのスープをお湯で薄めて(病気のときは薄味しか受け付けない)

飲んでいました。

水溶性の栄養素はスープの中に溶け込んでいますので

栄養的には問題ないです。

具の方は家族が晩御飯に食べますので

一石二鳥でした。



残念なことに重症化してしまったら

入院して面倒見てもらわないといけませんが

軽症なら自宅療養でも十分に対応できると思います。

1人暮らしの人は、家族や友達と連絡を取り合って

心配なら来てもらうか

容体が悪くなったら救急車を呼ぶとか考えないといけませんね。



重症化する傾向の人は限られていますので

感染しないように注意して

感染したらしたで安静に過ごすように

気をつけないといけませんね。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR