fc2ブログ

衣類乾燥機を買いました。

長雨が続いてタオル類が乾かなかったので

なんだか嫌になって

衣類乾燥機を買ってしまいました。

洗濯機と乾燥機が一体になっているものもありますが

我が家の洗濯機はまだまだ使えますし

一体型のは大きいので置き場所に困ることや

値段的にも一体型は高いので

衣類乾燥機だけにしました。



これまでも梅雨の時期や冬の寒い時期に

衣類乾燥機を買おうかなと思っていましたが

なんやかんやでやり過ごせたのですが

今回は踏ん切りがつきました。



馴染みの電気屋さんに電話して

乾燥機のことをいろいろ聞いた段階でもどうしようかなと

まだ悩んでいたのですが

メジャーを持ってサイズを測ったりしていると

購買意欲が湧いてきて

電気屋さんがすぐに来てくれて

サイズなどを測ってもらって

イメージが明確になったので

踏ん切りがついて購入決定しました。



衣類乾燥機自体は翌日に入荷できるらしいのですが

置台が数日かかるとかでちょっと待ちました。

その間に天気が回復して

購買意欲がダウンしたのですが

もう頼んだ後なので

来るのを待っていました。

実際に配達されたら

イメージよりも大きかったので圧迫感があります。

まあ仕方ないですね。



洗濯機で脱水したタオルを乾燥機にかけました。

電気屋さんの話では乾くまで1時間ぐらいと聞いていましたが

実際には1時間半から2時間かかりました。

それでも2時間で畳んで片づけられることを考えるとすごく楽です。

操作音は大きくないですし

置台の下に振動吸収のゴムマットを敷いてもらったので

振動も感じなくて静かです。



でも、乾燥機が熱くなるのと

湿気が出るので

換気扇を回しますが

それでも熱がこもるので

窓を開けて換気しています。

窓を開けると猫が外に出ますので

猫が置き場所に行かないように

手前の扉を閉めて

勝手に扉を開けられないように重しをしています。

一から乾燥するのではなく

ちょっと干してから

最後の仕上げに乾燥機をかけるだけでもいいのかなと思いました。



もう一つデメリットは、少し縮みます。

もともとタオル類しか乾燥機にかけないつもりですので

多少縮んでも問題ないですが

洋服の場合は縮んだら困るかなと思いました。



それと、洗濯機と乾燥機の電気を同じブレーカーから取っているので

両方一緒に使うとブレーカーが落ちました。

洗濯だけとか乾燥機だけと分けて使うことで問題解消しました。



案外大きい

熱が出るので対策が必要

縮む

などのデメリットがありますが

ダラダラ干さなくてもいいし

楽なので購入して良かったと思いました。



電気屋さんの話では

一日一時間乾燥機を毎日かけると

電気代は月に1500円くらいかかるそうです。

我が家は毎日かけないのでそこまで電気代はかからないでしょうが

その点も考えないといけませんね。

でも、乾かないストレスが解消されたので

とても良かったです。



話は変わって、

税金のことで問題になっているチュートリアルの徳井さんの件です。

ものすごくズボラだとか

追徴課税を払ったからもういいじゃないかとか

いろいろと意見が出ているようですが、

納税できる環境にありながら納税をしない人は

ある種の国家反逆罪でテロリストだと思います。

国家の運営には税金が欠かせません。

何度も国税に指摘を受けていて

それでも「ズボラ」で通るのでしょうか?

お友達と遊びに行ったり

個人事務所を立ちあげたり

2億円とか言われるマンションを買ったり出来るのに

納税だけズボラで出来ない

というのは筋が違うと思います。

記者会見の後から

いろいろな情報が出てくると

あの記者会見は何だったのかと思います。

変に取り繕ったり

ごまかしたりせずに

きちんと説明したほうが良かったと思います。

信用できないです。



話は変わって、

大臣の不祥事や失言が続いています。

菅原経済産業大臣が地元の有力者に付け届けをしていた件で

週刊文春にすっぱ抜かれたその当日に

秘書にお葬式に行かせて香典を代理で出させた点は

ちょっと脇が甘いというか驚きの対応です。

ずいぶん前の私がまだ小学生だったころ

地元の選挙で候補者と選挙事務所の人が

我が家にお酒を持ってきたことがあります。

親が留守だったので

留守ですと伝えると

選挙事務所の人はお酒をそのまま持って帰りました。

子ども心に「置いておけば良いのに」と思った記憶があります(笑)

昔は付け届けみたいなのは当たり前だったと思いますが

今は法律も厳しくなっていますし

そういう時代ではないので

議員さんたちには気を引き締めてもらいたいと思います。



河野防衛大臣が「私は雨男なので台風が3回来た」と話したことは

ちょっと意味が分からないです。

死者が出るような甚大な被害が出ているのに

話のつかみに持ってくるのは不謹慎だと

批判されるのももっともですが、

「雨男=台風が来る」というロジックを本気でそう思っているなら

国民のためを思って大臣を辞職すべきだと思います。

河野さんは好きな議員さんですし

能力も評価していますので

うっかり発言はやめていただきたいです。



萩生田文部科学大臣の「身の丈」発言は

まったくもって不愉快極まりないです。

日本のような第一次産業の弱い国の

国力の源となるのは「人材」です。

経済的、地域的格差によって人材の育成が阻害されることは

国家の損失以外の何物でもありません。

昔の中国の科挙の制度のように

優秀な人材はどんどん登用されるのが国力増強の基本だと思います。

人はみな平等とは言いますが

実際には不平等があります。

それを解消していくのが政治の力だと思いますし

出来ないのなら政治家の意味がありません。

もともと萩生田さんの考え方は好きではありませんが

もっと嫌いになりました。

安倍さんにも、お友達感覚で大臣を選ぶのはやめてもらいたいと思います。

私は英語が苦手なので

私の現役時代にこのような試験方法がなくて本当に良かったなと思います。

現役の受験生にしてみれば一生を左右されるような重大事項に対して

「身の丈」というような思いやりのない侮蔑的な発言が出ると

とても悲しい気持ちになると思います。

将来を担う若い人たちに辛い思いをさせることが無いようにしていただきたいです。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR