fc2ブログ

台風被災者を救ってほしい。

台風15号の被害で

千葉県の南房総地域に甚大な被害が出ているようです。

停電はいまだ復旧せず

断水や物流のストップした地域もあるようです。

避難所に物資が届けられているものの

食事は一食分、飲料水は500ミリのペットボトル1つなどと

供給量は少ないようです。

町中のコンビニやスーパーが停電の影響で休みなので

せめて食料や飲料水が十分に行き渡るように

自治体の支援が必要なのかなと思います。

東京都から一時間ぐらいの距離だと聞きましたが

早く物資を輸送してあげてほしいと思います。



公民館でビニールシートの配布があったようで

お婆さんがヨチヨチ歩きながら急ぐ姿が

テレビで放映されていました。

お婆さんの前の人で本日の支給が終了してしまい

悲しそうに

「他の人から聞いて急いできたのに。

防災無線が聞こえなくて。」と言っていました。

お婆さんはその次に来た別のお婆さんと思案していましたが

なんだか切なくて涙が出ました。



我が家も昨年の台風で屋根が破損し

屋根、2階、1階と雨の被害がひどかったです。

台風が過ぎ去って雨が止んだあとに

2~3日後にまた天気が崩れる予報だったので

すぐにビニールシートをかけてもらうよう

工務店さんに連絡しましたが

たくさんの被災者がいる中で都合がつかず

別の工務店さんに無理を言って

ようやくビニールシートをかけてもらった経緯があります。

本当に恩義を感じています。



お婆さんたちは夫に先立たれ

独り暮らしをしているのだと推察されますが

情報がメールやSNSで発信されるご時世に

情報弱者であり生活弱者であるわけで

不安が大きいだろうなと思います。

私も耳が悪いので防災無線の声は音割れして

音としては聞こえますが

何を言っているのか声としては聞こえません。

お年寄りになると耳が遠くなるので

余計に聞きづらいのだと思います。



ビニールシートを貰えたとしても

屋根に上ってかけることは出来ないでしょうが

せめて家の中の家具や床を守るために

ビニールシートを敷きたかっただろうと思います。



我が家の場合は

屋根の上は工務店さんにかけてもらいましたが

また雨漏りした場合に備えて

2階の床に敷くビニールシートは

近所のホームセンターで購入しました。

被災してすぐに役所に被災申請をしたときに

ビニールシートの配布があって

役所の人から「ビニールシートは要りませんか」と

声掛けしてもらったのですが

その時には気が回らなくて

「屋根は工務店さんにかけてもらったので不要です」と

お断りしたのです。

そのあとに気が付いて

まだあるか問い合わせたら

もうすでに配布終了していました。

それで近所のホームセンターで購入したわけですが、

千葉県ではホームセンターなどでも品切れになっていて

入手できないそうです。



停電の復旧は当初の予定よりどんどん遅れて

土曜日ごろの全面復旧と言われていますが

都市部では電柱を立て直すだけなので何とかなりそうですが

山間部ではその他の不具合がありそうですから

全面復旧までにはもっと時間がかかるのではないかと思います。



私の住んでいる自治体では

地震の被害に備えて1週間分の備蓄を家庭でするように

条例で定まっています。

都会のため住民が多いので

自治体だけではすべての市民を守ることができないので

各家庭に努力してもらうように呼び掛けているのです。

ですので、我が家は飲料水のペットボトルが数箱、

食料品も適当に置いてあります。

市民にはその条例があることが周知されていませんけれど

東南海大地震に備えて備蓄するように

常々テレビなどで放送されています。

関東地方でも

関東大震災や富士山の噴火などの被害が想定されているので

各家庭で飲料水や食料品の備蓄はされているかと思います。

ましてや台風は準備期間のある災害ですので

飲料水や食料品は事前準備をしていて当たり前だと思いますが

物資不足が長期化すると

家庭での備蓄も底をついてしまい

食糧危機に陥ってしまいます。

東京から自動車で1時間の距離しかないそうですから

被災者に行き届くように物流を再開してほしいです。

停電で信号機が故障したままだそうですから

くれぐれも交通安全に気を付けてください。



話は変わって

第4次安倍再改造内閣の閣僚が発表されました。

思っているよりも多数の台風被災者がいる中で

ちょっと時期的にどうなのかなと思いますが

東日本大震災などの広域災害に比べて

特定地域に限られているので

自治体主導の救済計画と考えているのでしょう。

千葉県の森田知事の発信がニュースなどで報道されないので

とても頼りない気がするのですが

地元では発信されているのでしょうか?

ちょっと脱線しましたが

改造内閣の話に戻ります。



小泉進次郎さんが環境大臣に任命されて

まだ若いので時期尚早ではないかと感じましたが

国会入り口での囲み取材の問答を聞いていて

イメージよりもしっかりしているし

語彙が豊富で分かりやすかったので

好印象に感じました。

環境省についてのビジョンも明らかになり

地味目な環境省が国の柱になれる可能性が見いだされて

とても頼もしく思います。

育休についても

妻の妊娠中に不倫して議員辞職したうさん臭い人が育休を取ると言っていたのを思い出し

なんだか嫌な感じがしたのですが

実際に囲み取材の話を聞いてみると

考え方や方向性がとてもしっかりしているので

国会会期中や閣議のない時には

育休をとっても良いのではないかと思いました。

他の大臣が育休を取ろうと思っても

すでに孫やひ孫のいる世代なので(笑)

子のための育休を取れる大臣というのは限定的ですから

与えられたチャンスを無駄にせず利用することも大事かなと思います。



その他の大臣についても

知っている人は可もなく不可もないですが

知らない人の方が多いので今後の活躍に期待しています。



ただし、

文科省の萩生田光一さんは安倍さんの太鼓持ちみたいな感じで

大臣としての資質よりも

まさに「お友達」として選ばれたのかと勘繰りたくなりますので

「ほら、やっぱりね」と後ろ指さされないように

真面目に取り組んでいただきたいと思います。

賄賂を持ってきたところを贔屓しないように

公明正大にお願いします。



話は変わって

我が家の西隣の住宅が解体されたりして

周囲の環境が刻々と変化しています。

それに伴って

我が家の住環境もいろいろと変わってきていて

次から次へと悩み多い感じでしたが

たくさんの方々のご理解とご支援によって

悩みは一つずつ解消して

今のところ懸案事項は無くなりました。

本当にありがたいことです。

偶然が重なってとても良い方向に話が進んだり

タイミング良く事が運んだりして幸運だったりしました。



私は「セレンディピティ」を大切にしています。

そのためには、

「自分の現状を把握して、考えを持つこと」

「感謝を意思表示すること」

に気をつけています。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR