fc2ブログ

宮古馬はどうなるのか?

「週刊SPA!」に「宮古馬を虐待から救え」という記事が載っていて

考えさせられたので書きます。

さっき一度はブログを書き終えたのですが

ネット環境が悪いのか消えてしまって

再度書き直すことになって

ちょっとモチベーションが下がってしまったので

簡単に書きます。



日本在来馬8種のうちの一つの宮古馬は

沖縄県の天然記念物にも指定されているそうです。

現存する40頭くらいの宮古馬は

何軒かの契約牧場に分けて引き取られているそうなのですが

行政からの補助金が少ないので

費用は契約牧場の持ち出しになっているそうです。

その中でも健康的な飼育をしている牧場もあれば

無理なので飼育放棄になっている牧場もあるそうです。

また、契約牧場も高齢化して世話が大変だそうです。



天然記念物って保護されているものだと思っていましたが

監禁されて虐待死しているとは思ってもみませんでした。

すごく驚きました。

世話が出来ないなら何故飼育しているのでしょうか?

山に帰せばいいのではないでしょうか?

山で自然淘汰されるならまだしも

人間の管理下にあって虐待死するのは間違っていると思います。

観光牧場化して入場料収入を得るとか

クラウドファンディングで資金を集めるとか

何らかの方法がありそうなのですが

どうにもならないものでしょうか?

とりあえず今衰弱している馬には

すぐに処置をしてあげて欲しいなと思いました。



話は変わって

台風の保険金の話です。

屋根や内装の修理見積書がようやく出来ました。

屋根屋さんがものすごく忙しいらしく

現場に出るので書類仕事が出来ない状態だったそうです。

写真や保険金請求書とともに損害保険会社に送ったところ

すぐさま「全額認定」の電話がかかってきて

そのスピードの速さに驚きました。

東京のサービスセンターに送ったので

郵便事情で届くまでに2~3日かかるかと思っていましたら

届いたその日くらいにすぐに連絡をくれました。

書類を送るのに気をつけたことは

保険金請求書の書き漏れ・印鑑漏れが無いように確認したこと、

被害のあった部分の写真は分かりやすく整理して送ったこと

などです。

台風や地震などの広域災害は被害件数が多いので

調査員さんも人手が足らずに写真見積りだけで済ませるようですから

被害状況が分かってもらいやすいように気をつけました。



支払案内の電話の時に

「フローリングの張替えの時に

下地の床の傷みが分かって万が一追加で修理することになったら

どうしたらいいですか?」

と質問したのですが

「そういった場合、またお電話ください」とフリーダイヤルを案内されました。

あとから営業担当の社員さんからも丁寧なお電話をいただき

「何かあったらご連絡ください」と言っていただけて安心しました。

(我が家は代理店さんとの契約ではなく、保険会社の社員さんとの直契約なのです。)



修理見積書と写真の内容が妥当な金額だと

すぐに審査がおりるとかで

超スピード支払いとなりました。

その他、金額にならないような諸経費の負担分を

払ってくれるような特約も付いていたので

プラスαのお金をいただけることになりました。

そういう特約があることに気が付いていなかったのですが

保険内容にセットになっているのだと思います。



家庭の火災保険には

「住宅火災保険」と「住宅総合保険」があるそうですが

我が家は幅広い補償のある「住宅総合保険」に入っています。

「建物」と「家財」とがありますが

家財の方はモノが少ないので小さめの補償内容にして

保険料を抑えています。

意図して保険料を抑えようと思ったのではなくて

「家財が少ない」と言ったら

営業の方が「じゃあ少な目設定にしておきましょう」ということで

火災保険の更新の時に話し合って決めました。

それを5年契約にしたのですが

契約した翌年から火災保険料が値上がりしたので

良い時に契約更新出来て良かったです。



ネットで調べたところ

家財の保険は、建物の大きさとか契約者の年齢・家族構成などで

大体の目安があるそうです。

契約者の年齢・家族構成は総務省統計局のデータを基にしているそうです。

それを見ると我が家のような年齢層の大人2名の家庭の場合は

結構な金額になるのですが

実際にはそんなにモノは持っておらず、高級品も無いので

家財保険の金額は低めに設定しても問題なかったです。

今回の台風でも家財には被害がありませんでした。

万が一火事で焼けた場合に現状と同等のモノを買いそろえたとしても

そんなに費用はかからないと思います。



実際の修理にはもう少し時間がかかりそうですが

経済的負担はないので安心です。




にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR