『乳がんと診断されたらすぐに読みたい本』

図書館によく行きます。

入ってすぐのワゴンの中には

返却されたばかりの本が乗っています。

カウンターで返却手続きをした後に

皆さんここに置くのです。

このワゴンがいっぱいになると

職員さんが元の棚に片づけて行きます。

借りた人が自分で棚に戻せばいいという考え方もあるでしょうが、

このワゴンに本があることで

最近の読書傾向なんかもわかるし

いつもは読まないような本と偶然に巡り合うこともあるのです。



先日もこのワゴンを見ていましたら

『乳がんと診断されたらすぐに読みたい本』と

『家族が「がん」になったら知っておくべきこと』の2冊が

寄り添うように置かれていました。

この本を借りた人は、ご家族が乳がんになったんだな~~

と、思いました。

その数日前にも、このワゴンにあった

『あきらめないがん治療のための8か条』という本を借りたばかりでした。

人口の半分ががんになる時代ですからね~~

がんに対する関心度は高いんでしょうね~~



さて、掲題の本の著者は、豊増さくらと乳がん患者会bambi*組さんです。

豊増さくらさんが実体験した出来事と

患者会の皆さんのアンケートデータから構成されています。

とても参考になりました。

一口に乳がんと言っても

症状も違えば、選ばれる治療方法も違いますから、

他の方がどのようにされているかを知って良かったです。



この本の中であえて2点だけ気になったところがあります。

一つ目は、「ウィッグは高い方がいい(p.099)」わけではないと思うのです。

確かに仕上がりは良いかもしれませんが

普通のおしゃれウィッグでも充分だと思いました。

私の場合は、頭の鉢が人より大きいらしく

有名なカツラメーカーさんでは

「フルオーダーのみ、製作期間が2ヶ月、お値段は35万円から」と言われて

期間もお値段も希望に合わなかったので、やめました。

それで、デパートに入っていたアクアドールの医療用ウィッグを買いました。

ショートタイプで2万円、ロングタイプで3万円でした。

ショート1つで充分だったのですが

ロン毛にしたことなかったので

それも買ってみたのです(笑)

医療用ではないタイプはもっと安いです。

違いは、頭皮部分を作ってあるかどうかだけです。

私が抗がん剤をしたのが冬場だったので

ウィッグの上から帽子をかぶってもいいので、

医療用でなくても良かったのですが、

ちょっと贅沢してみました。

友人の友人にも乳がんの方がいて

その人はアマゾンで買える安いウィッグをして通勤しているとのことでした。

髪の毛はそのうちに生えてくるので

使用する期間は短いですから

ウィッグは高くなくてもいいと思います。



2つ目は、p.328のひーちゃんのコメントです。

「三大疾病の保険に入っていたのでたくさん保険がおりましたが、

以後の保険料が無料になる特約には入っていなかったばかりに、

今でも2万円近い保険料を払っています。」

私も三大疾病特約のついた生命保険に入っていたので

がんと診断された時にその保険金をいただきました。

この特約は支払が終わったら終了したので

毎月の掛け金も払わなくなりました。

基本の終身や入院特約はまだ残っているので

今払っているのは、その分だけです。

生命保険の場合、基本の終身より

三大疾病特約の方が値段が高いので

これが無くなったら

かなり安くなると思うのです。

ひーちゃんの加入している保険がどういうものかわからないので

何とも言えないのですが・・・。

特約分の保険料を差し引いても

まだ2万円近く払っているのならば

支払保険金額の大きなのに入っておられるのかな~~?

まさか、払わなくてもいい保険料を取られ続けているのでは?

以上、2点が気になったところです。



乳がんの患者になったら

必ず読んでほしい本があります。

私も持っています。

本としてはちょっと高い2,300円です。

『患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版』

日本乳癌学会編です。

Q&Aになっていて読み易いですし、理解しやすいです。

おススメです。



がんの治療にかかるお金のことですが、

私の場合は、そんなにかかっていません。

もともと、高額な治療はしていないし、

高額療養費、健康保険組合の補てん金、

生命保険の給付金などがあって

入ってくる分も多かったからです。

機会があればまた書きますね~~




にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR