fc2ブログ

忙しくしていました。

前回記事からもう10日も経過していました。

毎日毎日が早くてあっと言う間です。

ちょこちょこした不調はありますが

おかげさまで全体的には元気です。



近所の猫の話です。

我が家の周りには猫のエサやり家庭が結構あって

地域猫として何匹か暮らしています。

その中に

近所のご老人がエサを与えている猫がいて

とても人懐こいのですが

先日「ごはんをもらっていない」と

数日にわたってニャーニャー言うので

ご老人が倒れているとか

入院しているとか

何かあったのかと思ってお尋ねしたのですが

人の気配がなくて

困ったなと思っていたら

どうも出かけていたようで

元気に過ごしておられるそうです。

良かったわ~~

独居老人の孤独死とか避けたいですからね。

数日間は我が家の庭で

カリカリをあげていたら

もうご飯をもらっている様子なのに

「おやつちょうだい」

とやって来るので

次に来たら断ろうと思っています。



話は変わって

眞子さんの結婚会見のことです。

婚姻届けを出した後なので

もう一般人なんだし

会見はしなくてもいいのにね~~

と思っていたのですが

あの会見を見て皆さん納得したのでしょうかね。

私は外出していてリアルタイムで見ていないのですが

ワイドショーやニュースでもちきりなので

見たくなくて

取り貯めた番組やDVDを見て

やり過ごしていますが

テレビをつけたら

どうしても目に入ってくるので

仕方なくチラチラ拝見しました。

この人は「騙す人」だと私が認定するシグナルが

小室さんから出ていて

ちょっと驚きました。



イギリスのダイアナ妃は

自分が望まれて愛されていると思って結婚したら

チャールズ皇太子が本当に愛していたカミラ夫人と

結婚できなかったから

言うことを聞きそうな年若の貴族の娘を選んだだけだった

ということに気がついた時に荒れ狂って

自傷行為として階段から転げ落ちたこともあるそうです。



眞子さんは自分が主導権を握っていると思っているようでしたが

そのドリームが壊れないように

夢の中で生きていけるように

小室さんには細心の注意を払って欲しいなと思いました。

もうね墓場まで持って行って欲しい。



話は変わって

衆議院選挙の件です。

総裁は岸田さんで良いんだけど

幹事長が甘利さんなのは納得がいかないままですね。

私は基本政策は自民党なんだけど

甘利さんは嫌だなと思うと

どこに入れるか思案中ですね。

まあ組織票があるので自民党は大きくは負けないと思いますが

どこに入れるか決めていない浮動票がかなり

自民党以外に流れるだろうなと思うと

今度の選挙結果は興味深いですね。

政権交代はないと思いますが

自民党の若手議員は厳しい戦いになるように思います。



この前の横浜市長選も負けてるし

参議院静岡補選も負けてるし

浮動票がどう転ぶか分かりませんね。

横浜市長選は自民の票が二つに分かれたことが敗因ですが

静岡補選は人選ミスじゃないですかね。

自民候補と立民候補(なんちゃって無所属)の二人を見比べたら

当選した立民候補の方が良さげに見えましたし。

どうしても勝ちたいなら女性候補の方が良かったのに。

あの自民候補の人は見た目が誠実そうに見えなかったですし。

山口補選は自民党が勝ちましたが

保守王国で共産党や迷惑ユーチューバーが勝つわけは無いので

選挙するまでも無かったですし。



若い人は自民党の方が好きみたいなので

若い人の投票率が上がっても

政権交代はしないと思いますが

世の中にはいろいろな意見があって当たり前なので

どのように流れていくのか興味深いです。



でも一つだけ言いたいのは

投資は身近になっていて

いろいろな人が投資を行っているので

枝野さんが投資家を攻撃するのは間違っていると思います。

一部の金持ちだけが投資をする時代ではなくなっていますので

そこは考え方が古いと思います。

昔は投資にかかる税金は10%程度でしたが

そこから回収するために税率20%程度になり

そのかわりとしてNISAを生み出したので

これ以上税率を上げるのは投資心理が冷え込んで

余計に市場が冷え込むのではないかと心配になります。

リーマンショックの時に企業を支えたのは誰かと言えば

投資家だし、株主です。

そういう苦労の時代は無視して

利益が出るようになったら

儲かっていると文句を言われる筋合いはないと思います。



話は少し変わって

「貧困」についてです。

日本はご飯が食べられないような「絶対的貧困」は少なくて

周りと比べて生活が苦しいような「相対的貧困」が多いのだそうです。

先日の毎日新聞に「貧困」についての記事が載っていて

夫婦と子どもの4人暮らしの家庭で

夫の収入が減ったので

下の子(幼稚園)がピアノを習いたいというのを我慢させて

学習塾に行く費用は何とか捻出した

というような内容だったのですが

「幼稚園から塾に行けるのに貧困なのかな」

と思った次第です。



以前テレビでデビ夫人が言っていたのですが

娘さんが小さい時に

「ママ、お友達のおうちはみんな自家用ジェットを持っているのに

どうしてうちには無いの?」

と聞かれて

自家用ジェットを買うお金がなくて辛い思いをしたそうなんですが

相対的貧困は属する階級によって

全然違うんじゃないのかなと思いました。

その家庭で何が大事かという優先順位も違うだろうし。

とても貧しい家庭なのに

アイドルのコンサートに行くのはやめられない

という人もいますし。



それで話を戻しますと

毎日新聞の記事の中では

「日本は子どもを育てにくい。政治が悪い。」

という論調だったのですが

幼稚園からピアノを習わせたり

自家用ジェットを購入したりするのに

税金が投入されるべきなのか

というと違うように思うので

なんでも貧困と言うのは違うのではないかと

すごくモヤモヤします。

何でも言っていいのなら

我が家は隙間風が吹くあばら家に住むような貧困世帯なので

新築費用を税金で援助してもらいたいです。



話は変わって

選択制夫婦別姓についてです。

私は反対です。

現在の法律では結婚するときに

夫か妻かどちらかの姓を選ぶようになっています。

夫の方が経済力があるので

合理的な理由で

ほとんどの夫婦は夫の姓を選ぶそうです。



姓を変えたくない妻がいるのは当たり前なので

そういう場合は夫が姓を変えたら良いと思います。

自分の名前を誇りに思って名前を変えたくないと

裁判するほどにこだわりがあるのに

どうして夫は姓を変えてあげないのでしょうか?

合理的に考えたら

妻の姓を選べばいいだけと思のですが。



昨日か一昨日のニュースで

選択制夫婦別姓にこだわる妻が出てきていたのですが

夫が姓を変えても良いと言っていたのに

夫に変えさせたくないと言って

妻自身が夫の姓を選んで変えたのですが

それでも不便だ~~とか精神的苦痛が~~とか言っていて

ちょっと理解が出来ませんでした。

法律的な問題とか国の問題とかの前に

夫婦の問題なのではないかと思います。

改姓について女性蔑視という意見があるのですが

夫にも妻にも意識の問題があるように思えますので

女性蔑視は社会ではなく家庭の中にあるのではないかと

思います。



選択制夫婦別姓は反対ですが

戸籍法をいじる予定があるなら

根本的に

婚姻によって姓を選ばないようにすればいいと思います。

ただし、戸籍の管理とか

子どもの姓をどうするのかとか

もう少し議論が必要ではないでしょうか?



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR