fc2ブログ

台風24号には最大級の警戒をしましょう。

一時「猛烈な」勢いだった台風24号も

「非常に強い」に落ちましたが

前回の台風21号が25年ぶりに「非常に強い」だったのに

また「非常に強い」勢いで来るとか最悪ですね~~

さらに悪いことに台風24号は大雨になるそうなんですよ。

甚大な被害があった暴風に追加して

さらに酷い大雨が降るって

どういうことでしょうね。



台風への備えとして

工務店さんがブルーシートの強化をしてくださいました。

それでも暴風の勢いが強いと

ブルーシートが千切れて飛ばされたり

場合によっては屋根ごと持って行かれるかもしれないし

心配ごとが多いです。

ブルーシートがはずれて

雨漏りした時には

2階でくい止められるように

家の中にもブルーシートを敷くように

購入しています。

土曜日の間に敷いておきます。

そのうえにバケツやバスタオルを置いて雨水を受ける作戦です。



一階の南側のガラス窓には雨戸が無いので

雨戸の代わりとなる戸板を購入しています。

土曜日に設置する予定です。

何かが飛んできても戸板が防御してくれると思います。



あとはいつも通り

物干し竿・ゴミ箱・植木鉢を入れておく予定です。



関西は日曜の夜に通過する予定ですが

出来るだけ被害が少なくなるように気をつけようと思っています。

最新の天気予報に注意して様子を見ながら

猫を連れて避難することも考えています。



台風の進路から外れている地域の皆様も

暴風は大丈夫でも

大雨は前線の刺激で活発になるので

充分にお気を付けください。




にほんブログ村
スポンサーサイト



平尾昌晃さんの遺産相続の揉め事

よそのご家庭の揉め事に首を突っ込むのもなんですが

三男さんが平尾さんの奥様に対して怒っている件で

金銭的な不満という面では

三男さんの言っていることの方が正しいように思いました。

ジャスラックの書類の不備とか

三兄弟の意向を無視して代表取締役になっていることなどを考えると

遺産を独り占めしようと疑われても仕方ないことだと思います。

三男さんだけでなく次男さんもテレビに出ていましたが

どちらも本質的に育ちが良さそうで

悪い人に騙されそうな感じに見えました。

では、奥様が悪人なのかというと

報道をみるとそうでもないように思えます。

私は、奥様のそばにいる人の中に

悪知恵が働く人がいるように思いました。

それが誰なのか?

弁護士さんなのか

会計士さんなのか

役員さんなのか知りませんが

奥様自身もあんまり他人を信じない方が良いのではないかと思いました。

奥様に遺産が集約すると

それをハゲタカみたいな誰かに横領されてしまうように思います。



金銭的なことは、奥様と3兄弟でよく話し合って

解決していくしかないのではないかと思います。



三男さんは心情的な面でも

奥様に対してしこりを感じているようで

父親と無理矢理に引き離されたと思っているみたいですが

それはちょっと違うのではないかと思いました。

というのも何かのテレビ番組で

平尾昌晃さんが三男さんのことを嬉しそうに語っていたのを見たことがあるからです。

「あんな馬鹿っぽい息子でも可愛いのだな」と思った記憶があります。(失礼)

何のテレビだか思い出せないので

もしかしたら違う芸能人家族と勘違いしているかもしれませんが。



今日、奥様と3兄弟で株主総会が行われるようですが

仲良くうまく行ったらいいなと

よそのご家庭のことながら思いました。




にほんブログ村

台風24号はまた関西に来るかも。

台風24号は猛烈な強さになって

フィリピンの東にあります。

世界の気象機関による予測モデルを見ると

また関西を通って行くと予測しているケースが多く見られます。

このまま北上していくパターンもありますので

そちらの国々の方には悪いですが

日本に上陸しなければ良いのですが・・・。

前回の「非常に強い」台風でも大変だったのに

「猛烈な」強さのまま来られたら

前回の被害を更に上回ると思います。



神戸市の海岸沿いでは

「南海トラフ地震の津波が来ても大丈夫」と

神戸市や建設業者に言われていながら

台風21号の高潮で床下や車が浸水し被害にあったところもあります。



我が家も屋根の一部が欠損しているままです。

建築資材が揃わないことと

被災家屋が多くて修理の順番待ちをしていることから

まだまだ修理に取りかかってもらえないのです。

家が健全でないというのはものすごいストレスです。

私は自分がガンになったことや

ガン患者としての生活の中で

不安に思った事もストレスを感じたことも無かったのですが

現在のブルーシート生活は

精神的にものすごくこたえます。

早く修理が出来たらいいのにと切実に思っています。

雨が降ったら気がふさいで

晴れたらマシになってと

天気によって気分が左右されています。



そんな中でまた勢力の強い台風が来たら

家自体が住めなくなってしまうかもしれません。

台風24号が関西に来るときは

ガラス窓に板を固定して補強してから

猫を連れてどこかに避難しようと思っています。

まずは、台風が関西に来ないように祈ります。



それから、北海道の地震で液状化した地域を

観光気分で訪れる人がいるそうですが

住んでいる人の気持ちになって止めて欲しいなと思います。

屋根の一部が欠損しているだけでも

不安な心境なのですから、

家が傾いて住めなくなって

今後の生活やローンのことなど心配だらけだったら

どんなに心細い思いをされているでしょうか。

被災地の気持ちを逆なでするようなことは止めてほしいなと思いました。




にほんブログ村

本を捨てました。

先日の台風で屋根の一部が欠損し

甚大な雨漏り被害を受けました。

すぐにブルーシートをかけてもらったので

何とかしのいでおりますが

押入れとか天袋とかに荷物を入れていても

今後の雨漏りの可能性によっては

濡れてしまうかもしれませんので

本(主に文庫本)を捨てることにしました。



学生時代に読んでいた文庫本をそのまま持っていたので

黄ばみを通り越して茶色く煮しめたみたいになっています。

現在でも手に入るモノは図書館で借りたり

新しく購入したりも出来るので捨てました。

手に入りにくいものは置いておきます。

ゴミ袋に何袋にもなりましたが

ちょうど町内会の廃品回収の日に玄関前に出しておいたら

すべて回収してもらえました。

古紙回収の代金は町内会費に組み込まれます。

ゴミの日に捨てるのではなくて

廃品回収に出せたので良かったです。



話は変わって

『新潮45』が杉田水脈議員の発言を擁護する特集を組んで

その内容が酷いので

新潮社内でも是非が問われている問題ですが、

「批判するのは読んでからにしてください」

というような炎上商法に引っかかるのは嫌なので読んでいません。

一部報道では

「LGBTの権利を守るなら痴漢の権利を守れ。それと同等だ。」

というような論法が載っているそうです。

痴漢には被害者がいるので

痴漢(加害者)の触る権利を守るとか

馬鹿じゃなかろうかと思いますが、

どうしてそこまでLGBTを嫌悪するのでしょうかね?

嫌悪するには嫌悪するなりの理由があると思うので

その部分を突っ込んで編集してくれたら良かったのになと思います。



人には色々な考え方があるので

LGBTを容認できない人がいても不思議はないですが

その理由が「生産性が無い」とか「気持ちが悪い」とかだったら

わざわざ雑誌にして世間様に読んでもらう必要もないのかなと思います。



どっちにしても「新潮45」は値段が高いので

わざわざ買わないですけどね。

図書館で順番待ちして読むほどの内容でもないかなと思うし。

出版社の良識とか自浄努力とかもむなしく

こういう類のが出るなら

やっぱり国家による言論統制って必要なのかなと思いました。

まあ、言論統制されたらどっち向きの方向に進むかは分かりませんけど。




にほんブログ村

安倍さん三選 石破さん善戦

自民党の総裁選挙があり

安倍さんが3選を果たしました。

私は自民党員ではないので

投票権はないのですが

安倍さん対石破さんの一騎打ちなら

安倍さんかなと思っていたのでまあ妥当なところです。



本当は岸田さんが良いかなと思っていたのですが

岸田さんが途中で降りて

案外チキンだと分かったので

岸田さんでなくて良かったです。

ポスト安倍を狙っているようですが

ちょっと頼りないので心配です。



石破さんは二つの理由で「無いな」と思っていました。

一つ目の理由は、弱腰というか優しすぎるように感じられるからです。

はじめは「正直・公正」というスローガンを掲げていたのに

安倍さんへの個人攻撃との反発があって封印したそうです。

なんかおかしくないですか?

誰がこんなこと言い出したのか知りませんが

言い出す方もどうかしていると思いました。

「正直・公正」が安倍さんへの個人攻撃ってことは

安倍さんは正直でも公正でもないと周知の事実だと言うことですよね。

個人攻撃だという方もおかしいですが

そうですねと取り下げる石破さんもおかしいと思いました。

難癖つけられて引き下がるような態度では

強硬に迫ってくる諸外国に立ち向かっていけないのではないかと思いました。



石破派の齋藤健農水大臣が

「石破さんを支持するなら大臣を辞職しろ」

と言われたそうです。

元時事通信社の田崎史郎さんが

この発言は本当だと言っていたので

事実なんだろうと思います。

安倍派の誰がそんなことを言ったのか実名を出したらいいのにと思いますが

農水大臣も石破さんも口を割りませんね。

ワイドショーのコメンテーターさんが

「こんなことを言われたなら辞めたら良かったのに」

と言っていましたが

私はそれは違うと思います。

農水大臣は内閣の一員で国家や国民に仕える人です。

たかが一政党の総裁を決めるために

国家国民に奉仕することを放棄してはいけないと思います。

齋藤さんが農水大臣に選ばれたのは

石破派との数合わせのためではなく

農水事業に有益であると安倍さんが判断したからだと思います。

そうでないといけません。

それを「辞めたらいい」というようなロジックを持っている人が

国会議員にいるとすればとても嘆かわしいことです。



石破さんが「無い」と思った二つ目の理由は

これに関係することです。

2012年の総裁選で石破さんは善戦しました。

その後、幹事長になったり、地方創生大臣になったり

自民党や国家に尽くしてきましたが

次の総裁選に出馬したいがために要職につくことを拒みました。

私はここがとても気になっていました。

ご本人のポリシーなのかもしれませんが

納得感がなかったです。

安倍さんを支えながら次の総裁選に立候補することで良かったのではないか

と思っています。

もう一度書きますが

たかが一政党の総裁を決めるために

国家国民に奉仕することを放棄してはいけないと思います。

二つ目の理由はそういうことです。



安倍さんは信用ならないところもありますし

厚かましいところもありますが

現在の国際的な流れからいうと

安倍総裁(=安倍総理大臣)でやむをえないのかな

と思いました。

ですが、地方票はほぼ拮抗していたので

安倍さんも謙虚になって

良い政治をしてほしいなと思います。



話は変わって

カラオケ王No.1決定戦に出ている藤巻杏慈ちゃんの歌声がすごい。

とても心地よい。

ガンに効きそう。

この子が出るミュージカルとか見てみたい。




にほんブログ村

夢の中でサーシャコーチに指導を受けた(笑)

昨日の晩御飯が早い時間だったので

9時頃になると家族がオヤツを食べたいと言い出しました。

オヤツは常備しているので勝手に食べてくれてよいのですが

昨日出かけたときにパン屋さんで

フィレオフィッシュを挟んだパンを買ってきていたので

「冷蔵庫にフィレオフィッシュパンがあるから食べていいよ」

と言いました。



昨日は日中出かけていてとても疲れていたので

その頃にはすでにウトウトしかかっていたのです。

夢うつつの中で大坂選手のサーシャコーチが出てきて

「オーブントースターの温度が高いとフィレオフィッシュパンが焦げてしまう」

と言われまして、

「サーシャがオーブントースターでパン焦がさないようにって・・・」

と家族に言ったが最後

寝落ちしてしまいました(笑)



後で聞きますと

オーブントースターで温めずに

冷たいまま食べたそうです。




にほんブログ村

台風22号 香港の窓ガラスを割る。

今日、羽鳥さんのモーニングショーを見ていると

台風22号の被害を紹介していて

その中で香港の高層ビルのガラスが全面的に割れている原因として

1.もともとガラスが脆弱だった。

2.小石が当たって連鎖的に割れた。

という二つの意見を紹介していました。

コメンテーターさんが

「高層ビルには強化ガラスを使用しているだろうし

小石が当たって連鎖的に割れるのもどうなのかな」

と疑問を呈していました。

東京のスタジオの皆さんは、台風の風圧でガラスが割れるとか

想像も出来ないのだなと思いました。

そりゃ、経験してなかったら分かりませんよね~~



私はこの動画を2~3日前にyoutubeで見ていたのですが

見た瞬間に

「ああ~~風圧で割れたんだな」

と理解しました。

と言いますのも

台風21号を経験しているからです。



風圧で南側のガラスが割れそうになっていて

家族が襖で必死に抑えていたんですよ。

風圧でガラスがたわむのを見たことありますか?

もうね~~恐怖ですよ。

暴風と言う名の竜巻みたいなのが過ぎていく30分くらいの間

必死でした。



私はこのとき

「危険なので逃げておいて」と家族に言われて

キッチンの窓の新聞紙に養生テープをずっと貼り続けていました。

養生テープは手でちぎれるので

ちぎっては貼り

ちぎっては貼り。

必要性とかなんとか関係なく

単純作業をくりかえして心の均衡を保っていたのでした。

恐怖からの現実逃避でした。



そういう経験があるので

台風21号よりも気圧が低かった台風22号では

風圧で簡単に窓ガラスが割れると理解できたのでした。

高層マンションなら特に風が直撃しますから

割れやすかったでしょうね。



地球温暖化で台風やハリケーンが大型化するらしいですが

頻繁に大型台風が来られたら

累積の被害は甚大になっていきますよね。

これから建設される高層マンションには

必ず雨戸を設置するように義務付けないといけないと思いました。

とは言っても

高層マンションやビルなど窓ガラスが開かないようになっていましたっけ?

分厚い強化ガラスにしなきゃいけないのですかね~~

そうするとコストが上がりますよね~~

難しい問題ですね。




にほんブログ村

原爆ドーム近くの「かき船」に思うこと。

本日の毎日新聞に掲載されていた記事について

すごく考えさせられたので書いておきます。



広島市の原爆ドーム近くで「かき船」を営業するための

河川使用許可を認めた国に対して

19名の被爆者の方々が取り消しを求めた訴訟の判決が

19日に広島地裁で言い渡されるそうです。



「かき船」とは広島県名産のカキ料理を提供する船型の飲食店のことで

古くは江戸時代からそのような形式の飲食店があったそうです。

ウィキペディアなどを調べると

現在営業するのは2艘で

1艘「かき船 ひろしま」は下流の原爆資料館の近くにあり、

もう1艘「かき船 かなわ」(1963年から営業)が原爆ドームのすぐそばにあり

たいへん問題になっているみたいです。

位置的に原爆ドームと原爆資料館の中間くらいの川べりにあって

どちらからも近いです。

もともとは2艘とも原爆資料館のそばにあったそうですが

台風の影響で流され漂流したことから

河川を管理する国から移転を求められ

広島市などでつくる協議会が原爆ドーム近くでの営業を承認し

国も占有を許可したそうです。



被爆者の皆さんが懸念しているのは

鎮魂の場である原爆ドームのすぐ近くで

カキを食べたり酒を飲んだりするのが見えるので(船だから丸見え)

違和感を感じ苦痛を覚えるそうです。



私はこの記事を読んだ時に

「そのような場所で飲食して美味しく食べることができるのだろうか」

と疑念を持ちました。

かき船の運営会社に対しては

移転の代替案としてやむをえなかった面もあるかもと理解はできるのですが、

お客さんとしてそういう場所で飲食することに抵抗はないのかな~~

と思ったのです。



家族にどう思うか聞いてみたところ

「万里の長城だって言ったら戦争の遺構だけど

物見遊山の観光客がたくさん来てるし、

大阪城なんか歩きながらタコヤキ食べたりしてるよね」

と言うのです。

なるほど、そのような考え方も一理あります。

でも、それとこれとを一緒にするのは何だか違う気がします。

それは、万里の長城や大阪城で家族を亡くした遺族は

もう生存していないけれど

先の戦争で家族を失った人や

原爆後遺症に苦しんでいる方々は

まだまだたくさんいらっしゃるからです。

歴史として風化しているかいないかの違いなのかなと思いました。

そして、広島や長崎も戦争も原爆も風化してきているのだなと思いました。

それが良いのか悪いのか。

嫌なことは忘れる方がいいのでしょうかね~~



国との訴訟ですから

敗訴することになるのか

もしくは門前払いになるのかわかりませんが

戦争遺族や被爆者の方々が訴訟を起こした気持ちは

充分理解できます。

でも、こういうのも時代の流れなのかな~~

と感じてしまいました。



また広島県や広島市も

当事者意識が無いのだなと思いました。

戦後生まれで

戦争の悲惨さや苦しさを直接知らない世代として

先人たちに申し訳ないように思っていたのですが、

広島市や広島県も原爆被害を重要視していないのだなとわかったら

なんだか胸のつかえが取れた感じです。

原爆の遺構のそばにまた別の観光資源が組み込まれることで

観光都市として整備されていくことと、

原爆投下の日に記念式典をして神妙な気持ちを装うことは、

何と言うのか・・・

ダブルスタンダードとでも言うのでしょうか?

世界遺産の保護をしているイコモスが苦言を呈するのも分かります。

若い人の中に日本が戦争をしたことを知らない人たちが増えるのも道理ですね。



広島市の公的なホームページに飲食店の紹介がありまして

「かき船」を観光資源として紹介しているのですが

「かき船 かなわ」は載っていますが

「かき船 ひろしま」は載ってなかったのですが

何ででしょうか?

私の探し方が悪かったのかな?

載ってたらごめんなさい。




にほんブログ村

我が家の現状

台風21号のあとからどこまで書いたか忘れてしまったので

ざっくりと振り返ってみたいと思います。



9月4日(火) 台風21号上陸 
         雨漏り 工務店と損害保険会社に連絡
         (写真を撮る)

9月5日(水) リフォーム工務店 屋根の状態を見に来る

9月6日(木) ブルーシート設置
         (リフォーム工務店に我が家のデジカメで屋根の写真を撮ってもらう)

これくらいまで書きましたっけ?



9月6日(木)の夜からシトシト雨が降り始めましたが

ブルーシートのおかげで雨漏りしませんでした。

9月7日(金)は日中風が強くてブルーシートがバタバタうるさかったです。

風にあおられてはずれかかっていたので

電気屋さんに連絡したら設置しなおしてくれました。

9月8日(土)~9月10日(月)にかけて雨がザーザーシトシト降っていて

9日夜から10日朝にかけてはとくに雨が強かったので

南西の角からポタポタ雨漏りがしました。

10日に電気屋さんから様子伺いのお電話をいただいたので

雨漏りがしている旨伝えました。

11日(火)は少し晴れていたので

電気屋さんとリフォーム工務店さんが来られて

ブルーシートの補強をしてくれました。

雨漏りは家を簡単に傷めてしまうので

本当に気をつけなければいけません。

日本昔話の『ふるやのもり(古家の漏り)』ではありませんが

「泥棒より狼より怖いものは・・・ふるやのもり」なんですよ~~

雨を吸った屋根は簡単に落ちる場合があるので

注意が必要だと損害保険会社の人も言っていました。



11日(火)は、役所に行ってきました。

罹災証明書をとるためです。

事前にプリントした写真がいると担当課に聞いていたので

持参しました。

他に、身分証明書と印鑑が必要と聞いていました。

窓口で申請書に記入し、30枚くらいの写真を見せましたが

係りの人が5枚くらいを選んで提出することになりました。

写真はまた必要になるかもしれないので

保存しておいてくださいと言われました。

自治体のホームページには「申請後、調査員が伺います。」と書いてありましたが

人手不足なので実際には

写真だけで済ませるようです。

申請数が多いので送付まで2週間くらいかかるということでした。

罹災証明書があると税金の減免になる場合があるらしく

被災された方は是非申請しておくべきだと思います。

自治体によって違うようですが、

私の住んでいる地域では

住民税の減免とか

国民健康保険の減免とか

妊婦さんの支援とか

なんだかいろいろあるみたいです。

被災後1カ月以内なら申請手数料も無料になるということでした。

それを過ぎると手数料がかかるらしいです。

「具材がないので修理までに時間がかかる」と世間話をしたら

役所の人に「ブルーシートはかかってますか?」と心配していただきました。

「工務店さんに頼んでかかってます」と答えました。

廊下にブルーシートが山積みしてあったので

申請すれば貸してくれるかもしれませんね。



罹災証明や保険などの申請時には写真が必要になるのですが

キレイに片づけた後の写真では「損害があまりない」と誤って判断されてしまう場合があるので

片付ける前の一番被害の大きい状態で撮っておかないといけません。

支援金額が半額にまで減らされる場合があると

ワイドショーで言っていました。



保険会社に請求書がいつくるか聞いたところ

こちらも申請数が多いので

請求書到着まで1~2週間待ってくださいと言われています。

多分、必要なものは

写真と見積書(工務店作成)だけだと思います。

妥当な見積もり金額なら、調査員も来ずに写真だけで済ませるそうです。

広域災害の場合、件数が多いので

いちいち調査員が出向くことは無いそうです。

見積書があまりにも高額の場合は調査員が来るらしいです。

ですから、被災者側が写真を撮っておくことはとても大事だと思います。



台風22号は猛烈な強さでフィリピンに迫っているそうです。

フィリピンの方には申し訳ないですが

あんなのが日本に来なくて良かったなと思います。

「非情に強い」でも死ぬかと思ったのに

「猛烈な」強さなら本当に家が飛ばされてしまいます。

『3匹の仔豚』の話ではないですが

木造の家は危ないなと思いました。



(追記)

罹災証明書は被災部分が少ないと減免などに該当しない場合もあるそうですが

窓口で何も言われてないので

我が家は20%~40%くらいの半壊程度に該当するのではないかと思っています。

詳細は、証明書が来てからまたお知らせします。



(追記の追記)

税金の減免をどのように申請するかわからなかったので

市税事務所に連絡したところ

固定資産税(家屋)の減免措置は調査員さんが来られて判断するそうです。

建物の10%以上から減免措置が取られるそうです。

我が家は10%以上にはなりそうなので申請手続きの申し込みをしました。

続いて、市民税の部署に電話を回送してくださいました。



市民税の減免措置に該当するのは

建物・家財を含めて30%以上の損害があるときだそうです。

家財で損害を被ったものはないので対象外だと思って

「固定資産税の調査員さんが来られた後に該当するようならまた連絡します」

と言いましたら、

市民税の減免措置の申請期間は被害を被った日から10日と決まっているそうです。

9月4日の台風なので基本的には14日までが申請期間だそうです。

短い!!!

でも、片付け等が終わってから落ち着いてからの連絡という考え方もあるそうで

今日から10日間の申請期間になりました。

いやいや、早急に申請して来ますよ。

なんだか知らないことだらけでビックリ!

もし市民税の減免措置を希望される方はお早めに申請してください。

該当するかしないかの判断はあとからしてもらえるので

とりあえず申請だけ先にしておいてください。

お早めに!



役所の罹災証明と税金(固定資産税・市民税)の罹災の手続きが違うとかも知らなくて

なんやら勉強になりました。




にほんブログ村

大坂なおみ選手おめでとうございます。

全米オープン優勝おめでとうございます。

決勝に進出した時に優勝しても良い力があると思っていましたが

実際に怪物セリーナ選手を倒したとなると素晴らしいことだなと思います。

でも、本人は勝ったけれども複雑な心境なんじゃないかと推察します。



セリーナ選手のコンディションが良くなかったせいなのか

審判とのトラブルが重なって

良い試合とは言えなかったですね。

観客からもブーイングがあったりして

大坂選手ものびのびと楽しんでプレーできなかったと思います。



それよりもセリーナ選手が過去の一時代と比べて

力が落ちていることに切なさを感じたんじゃないかなと思いました。

パワーの面でもマナーの面でも

この試合のセリーナ選手はお手本にはならなかったですから。



大坂選手の憧れのセリーナは

あのコートにはいなかった。

それが可哀想だったなと思いました。




にほんブログ村

台風やら地震やら。

今朝北海道で大きな地震があったそうで

被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

これから大変ですが

明けない夜はないので

くじけず頑張りましょう。



マグニチュード6.7 震度6強という速報ですが

ニュース映像を見ていて

「土地の隆起の割には震度が小さいのではないか」と思っていたら

震源地に近いところの震度計測器のデータが取れていないので

回収できて調べたら震度が7に変わるかもしれないと気象庁が言ったらしくて

やっぱりなと思いました。

マグニチュードは地震のエネルギーの強さを表しますが

震度は揺れの大きさを表します。

震度の測り方はなにか決まりがあるみたいですが

専門家ではないので詳しくは知りません。

でも、今までの経験則から何となくですが震度7なんじゃないかと思いました。

それから、マグニチュード6.7が正確だとしたら

地震のエネルギーに対して土地の隆起がかなり大きいので

地盤が弱い土地なのかなと思いました。

(追記)

ちょっと勘違いしていました。

「隆起」とは、土地の高度が増すことだそうです。

下がるのは「沈降」だそうです。

私が言いたかったのは、隆起と沈降の差が激しいということです。

もとは平らな土地がトタン板みたいに波打っている状態になっているので

マグニチュードの割に被害が大きくて

地盤が弱いのかなと思った次第です。



我が家の現状についてお知らせします。

台風時に工務店さんの留守番電話に録音しておいたのですが

かかってこなかったので

翌日もう一度電話をしました。

こちらの希望としては

「金曜日からきつめの雨が4日程度続くのでブルーシートをかけて欲しい」

ということだったのですが

「被災者が多くて順に回っているのでいつ回れるか

ブルーシートをかけられるかどうか分からない」

という返事でした。

困ったなと思いました。



以前、部屋の電気やエアコンクリーニングをしてもらった電気屋さんが

リフォーム等のあっせんをしているのを思い出し

ブルーシートの事を聞いてみたところ、

リフォーム工務店さんがたまたま我が家の近くで仕事をしているので

すぐに来られるということでした。

それで最初の工務店さんにお断りの電話を入れて

リフォーム工務店さんが来られるのを待っていました。

割とすぐに来られて見積もりをとるために被害状況を

みてもらったところ

どこから雨漏りしているのか分かりました。

瓦屋根とベランダの波板の間に金属屋根があるのですが

金属屋根の継ぎ目が強風でめくれて

そこから雨が吹きこんでいたのでした。

デジカメの写真を見せてもらいましたが

南側がキレイにめくれあがっていました。

暴風の威力ってやっぱりすごいですね。



雨漏りを修理するために見積もりしてもらったのですが

肝心のブルーシートの事を話すと

なんか電気屋さんから聞いてなかったみたいで

忙しいので無理そうとか言われたのですが

そこをなんとか無理をお願いして

ブルーシートをかけてもらうことになりました。



先程、リフォーム工務店さんと若い従業員さんが来られて

ちゃちゃっとブルーシートをかけていかれました。

無理をお願いしましたが

これで心配事が一つ減りました。

正式な見積書や実際の修理はしばらく後になりそうですが

応急処置でも雨が入りこまなければ

修理の順番が来るまで待つことが出来ます。



話は変わって

テニスの全米オープンで

錦織圭選手と大坂なおみ選手がそろって4強入りしました。

すばらしいことですね。

大坂なおみ選手は勢いがすごいので優勝しても良いくらいの力がありますが

錦織選手は年齢も高くなってきて故障も多し

世界ランキングも下がっているようですし

ちょっと無理かなと思っていましたが

勝ち残りました。

二人がそろって優勝するように応援します。




にほんブログ村

おかげさまで猫は元気です。

昨日の台風でちょっと動揺していた猫たちですが

夜中のうちにおトイレもきちんとしていて

今朝は缶詰の喰いつきが良かったので

元気なようです。



台風のピークが過ぎてしばらくしてから

キャリーバッグから押入れの猫カゴに移動させて

ゆっくりさせていました。

雨漏りの始末をしていたので

猫たちが出てきては困ると思って

押入れの襖を閉めていました。

開けたいときは自分で開けられるのですが

出る気がなかったようで押入れの中で寝ていました。



雨漏りの始末が一段落してから

押入れの襖を開けて自由にできるようにしたところ

夕方になってからテンテンは出てきて

カリカリを食べたり見回りをしたりしていました。

ハチコ先生は猫カゴの中でずっと寝ていたのですが

ちょっと様子がおかしいので

熱中症の可能性があると思って

スプーンで水を飲ませました。

愛用のシリンジが壊れてしまったのでスプーンを使っています。



美味しかったみたいでゴクゴク飲んでいました。

ハチコ先生は嫌になると

舌で水を防いで飲まないので

襟巻タオルがビショビショになります。

それが水を飲ませる時の目安になっています。

イヤ(ニャー)とも言います。

ところが、そのときも水ははじくのにイヤイヤせずに大人しかったので

やっぱり少し具合が悪かったようです。

大人しいついでと思って爪を切ったら

シャーシャー怒って噛まれました(笑)

でも切りましたけどね。

台風が通り過ぎるあいだは湿度が高くて

とても暑かったので

水を飲ませて正解でした。

その後元気に活動していました。



ちなみに、テンテンは嫌になっても防御する知恵が無いので

気をつかいます。

様子をみながら飲ませています。




にほんブログ村

屋根がずれて雨漏りしています。

台風21号は非常に強い勢力のまま上陸し

25年ぶりの強烈な台風となりました。

台風に備えていろいろ準備をしていましたが

非常に強い勢力の台風をなめてはいけませんでした。

もうね~~

ものすごい!

とかそんなことではなくて

命の危険を感じる暴風でした。

恐怖!!!!!!

でした。

生きていてブログに状況を書けることを感謝します。



午前中は曇っていましたが

風も無く穏やかな天気でした。

これから台風が来る前の嵐の前の静けさだと思いましたが

まさか午後にあのような恐怖体験をするとは

この時には思ってもいませんでした。



11時頃にだんだんと風が強くなってきましたが

ガラス窓の養生をしていたので

そんなにガタガタ音もしませんでした。

「そろそろ来たね~~」

なんて言っていました。



13時頃に雨風が強まって来たのですが

2階の窓から外を眺めて台風の強風を楽しんでいました。

風は南東から吹いてくるので

西側の窓から外を眺めていて

お隣の樹木が風にあおられてユサユサ揺れたり、

近所の屋根の上で風が雨を巻き上げて雨粒が白くクルクル回っているのも

面白かったです。

テンテンもその出窓に乗っていて一緒に外を眺めていました。

10分ぐらい暴風を楽しんでいたところ

急に突風が吹いて

家がぐらりと揺れたときに、

近所の駐車場のPマークの2メートルくらいのポールがブンブン振れて

お隣の樹木もなぎ倒されるみたいにしなって

どこかの非常ベルがジリジリ鳴り出しました。

それでも一瞬の突風だったので

まだ外を見ていましたら

突風が何度か繰り返されるようになってきて

家がぐらりと揺れる回数が増えて

何となく危険を感じたので

テンテンを連れて1階に降りました。

電柱が風に揺られるせいでしょうか

電気がチラチラしだしたので

もしかしたら停電するかもと思いました。



13時半頃から風が一段と強まって

なんとなくヤバいと思い始めたのですが

どんどん風は強まっていくのです。

暴風は強さを増していき

隣の家の屋根瓦が飛んでバラバラと落ちて

我が家のヒサシに当たって大きな音を立てます。

何度も何度も。

猫たちは暴風の唸るような音や

屋根瓦の落ちる音などに驚いて押し入れの奥に逃げて行きます。

逃げていく猫たちを捕まえてキャリーケースに入れました。

もしかして家が飛ばされたら

命からがら家から逃げないといけない

そのときに猫を連れて逃げやすいようにキャリーケースに入れたのです。

こんな暴風で外に出られるわけもないのに

それでも逃げようと思うのは

人間の生き残りたいという本能なのでしょうか?



その頃には「家の中にいたら本当にまずいかも」と思えるような

命の危険を感じるような暴風に変わっていました。

一番のピークは14時頃だったと思います。

暴風で家が吹き飛ばされるかもしれない。

風の圧力がこんなに怖いと思ってもみませんでした。

何とか耐えて欲しい。

家が持ちこたえて欲しい。

雨どいがメキメキと剥がれて垂れ下がるのが見えました。

ベランダの波板が剥がれてバタバタ大きな音をたてていました。

祈りながら恐怖に震えました。

テンテンがキャリーケースの中でニャーニャー鳴いて

「出して出して」と訴えます。

避難する事を考えてしばらくの間我慢してもらいました。

あんな暴風の中避難することなんかできないですけどね~~



しばらくして

暴風がピークを過ぎたように感じたときに

1階の天井からポタポタ雨漏りしてきました。

すぐにバケツを持って来て畳の上に置きました。

するとポタポタが至る所から落ちてきて

半畳を濡らすくらいに漏ってきたのです。

2階の様子を見に行こうとしたのですが

まだ暴風が強くて危険なので家族に止められました。



家族が心配するのを振り切って

2階に上がっていくと

南側の窓に沿った天井からダダ漏れしていました。

2階の床が一面ビショビショになっていました。

雨戸を閉めているので外の状態がどうなっているのかわかりませんが

屋根瓦が飛んで行ったのかもしれないと思っていました。



工務店さんに電話して留守番電話に折り返し電話を頼みました。

保険会社の担当者さんに電話して現状を伝えました。

雨漏りを古いバスタオルで拭いたり

バケツを置いたりして被害が広がらないようにしました。

デジタルカメラで現状の写真を撮りました。



雨が小降りになったので

外に出て家のぐるりをまわって被害状況を確認しました。

雨どいははずれていましたが

波板も屋根瓦も飛んでいませんでした。

でも屋根瓦がずれたみたいで

そこから雨漏りしているみたいです。



台風は過ぎ去っていき

瓦がずれて雨漏りして大変ですが

人的猫的被害は無かったのが幸いです。

我が家が古い家だからなのかと思っていましたが

ご近所をまわってみると

多くの家屋の瓦が落ちていたり

屋根が飛んでいたり

門柱が倒れているような被害を見ると

我が家の被害は少なかった方なのだなとわかりました。

折れた街路樹も道路に転がっていました。



今回の台風を経験して、暴風の怖さをまざまざと感じました。

いつも台風の被害が少なくて無事に過ごせているのは

単に運が良かっただけなのだと実感しました。




にほんブログ村

台風21号 早めの準備を!

明日は台風21号が上陸する予定なので

関西では午前中にほとんどの電車が運休することになっています。

お昼頃から4時ぐらいにかけて

大雨暴風がものすごい事になるそうです。

台風は夕方には通り過ぎていきますが

その後の保守点検に時間がかかるので

当日中に運転再開されるかどうかは未定です。

暴風と大雨で線路が削られてしまったり

河川が増水すれば線路が流されてしまったり

そこまでいかなくても水位がひくまで運行が出来ない場合もありえます。

そのため会社に行ったは良いが

帰宅困難になることが想定されています。

デパートは臨時休業に、図書館は休館になりました。

無理に出勤せずに自宅待機を奨励している会社も多いです。

家族も自宅待機になりました。

私は証券会社の企業セミナーに予約していたのですが

コールセンターの方から中止になった旨の連絡が来ました。

すっかり忘れていました(笑)



今回の台風は今年一番の強さだそうですが

勢力が衰えずに「非常に強い」まま上陸すると

25年ぶりなんだそうです。

ものすごい暴風が予想されています。

瓦が飛んで行かないかとか

停電にならないかとか

心配事が多いです。

明日午前中には

ゴミ箱を玄関に入れて

雨戸のないガラス窓に新聞を貼って養生する予定です。

養生テープはすでに購入しました。

ガラスが割れて暴風が家に入ると天井を突き抜けることがあるそうです。

関西のニュースや情報番組では

いつもの台風よりも具体的な注意喚起がされています。

停電になってテレビやパソコンが使えなくなっても

ラジオを聞けるように準備しなさいと指示がありました。

携帯電話の充電もしておくように言っていました。



お風呂の浴槽には水をはっておく予定です。

逆流した雨水や汚水が上がってこないようにするためです。

植木の手入れも済んでいますし

お隣の植物が側溝にかかっていたのもカットしました。



上陸した途端にスピードがあがるそうで

まだまだ天気が良くて大丈夫と思っていても

あっという間に急変して大変なことになるそうです。



避難する予定の方はお早めに。

そうでない方は、不要不急の外出は避けてください。

風にあおられて転倒したり

ドアが急に閉まって指を挟んだりしないように

気をつけてください。

ケガをしても簡単には病院に行けなくなります。

雨が降り出した後に車で避難される方は

アンダーパスに入らないようにしてください。

あっという間に水位が上がるそうです。

川の近くで遊ばないでください。

その場所に雨が降っていなくても上流で雨が降れば急に増水することがあります。

以前、神戸市を流れる川が急に増水して

遊歩道にいた何人もの方が流されて犠牲になりました。



最大限の警戒をしてください。

何も被害が無ければ「心配性」で済みますが

人的被害が出てしまったら後悔してもしきれないと思います。




にほんブログ村

台風21号には最大級の警戒が必要です。

今年は台風の当たり年なのかして

何度も何度も台風が来てしつこいです。

先の予報では三重県から愛知県辺りを通りそうだったので

楽観視していましたが

最新情報では四国から兵庫県に抜けそうになっていて

とても困った進路になっています。



台風の進行方向の右側は吹きこんでくる風が大変強くて

暴風になります。

四国から兵庫県にかけて抜けていくと

関西一円は被害が甚大になるのです。

幸いなことに台風21号は速度が速いようなので

あまり長居せずにピューッと通り過ぎてくれそうです。

それだけが救いです。



火曜日には上陸しますから

備えは月曜日のうちに済ませてくださいませ。

肉や野菜などの生鮮食品はあるのですが

日配(豆腐とか)がないので買っておこうと思います。




にほんブログ村

急な雷雨で。

土曜日は荒天になると天気予報で言っていたので

もともとその心積もりだったのですが

朝6時頃から急に雨脚が強くなって

6時半頃にはもの凄い雷雨になりました。



猫たちが缶詰クレクレ攻撃をしてきたので

お皿に取り分けて準備をしていました。

その時に

ピカッと光って

メリメリメリ

ドッカーーーン

と近所に雷が落ちたようです。

いつもの場所で缶詰を待っていたハチコ先生は驚いて押し入れに逃げ込み、

テンテンはおトイレでウンチのため気張っていたようなのですが

驚いて

ギャ~~~~

と叫びながらタンスの上に逃げていきました。



しばらくするとハチコ先生は押入れから出てきて缶詰を食べましたが、

テンテンはウンチが引っ込んだみたいで

まだ出ていません。

よっぽど怖かったみたいです。

(追記)

その後ちゃんと出ました。




にほんブログ村
プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR