fc2ブログ

ツーちゃんは猫動画に夢中。

何とか落ち着いて

外出することが無くなったので

撮り貯めた録画番組を見たり

Youtubeをみたりして過ごしています。



Youtubeでは

JUJUさんのオフィシャルチャンネルを登録しました。

昔の歌い方より最近の歌い方の方が好きです。

リメンバーが聴きたかったのですが

無かった。



猫動画は

いつもの「タイピー日記」を久しぶりに見ましたら

YoutubeのAIがヤラセ動画と誤認定したそうで

1カ月間収益化できなくなって困っているという報告があったのですが

視聴者がYoutubeにフィードバックしてくれたので

割と早めに元に戻ったそうです。

良かったですね。

でもまたAIに弾かれたら困るので

過去動画は再編集するそうです。

せっかくの記録が再編集されるのは嫌だけど

変に収益化が無効になっても困るので

仕方ないですね。

ライブ配信中にお風呂が沸いた音が鳴ってて笑った。

死にそうになってた仔猫ちゃんが大きくなってて

名前がついてました。

ソランちゃんかな?

黒猫のキンちゃんもすごく大きくなってたので

驚きました。

我が家のツーちゃんも

仔猫の時は貧相だったのに

いまはデブ猫になっています。

ダイエットしないといけないくらいです。



ツーちゃんが好きな猫動画は

「うにむぎはちむーの保護猫シェルター」と

「譲渡型保護猫カフェしあわせにゃん家」です。

どちらも仔猫が出ているので

仔猫の姿をジッと見ています。

テレビの前でかぶりつきで見ていたら

後ろからチビに飛びかかられて

すごくビックリしていました。

いつもはツーちゃんの方がチビを狩るので

チビもツーちゃんを驚かせたのが嬉しかったのか

愉快な感じで走って逃げていきました。

ちなみにツーちゃんは

指し棒(さしぼう)も好きなので

天気予報も見たりします。

やしきたかじんさんがご存命なら

指し棒を使ったパネル芸に

ツーちゃんは虜になっていたことでしょう。



「うにむぎはちむーの保護猫シェルター」では

白猫4兄とキジ妹の5きょうだいが仲良く並んで寝ているところに

キジ猫の赤ちゃんトンボ君が

ちょこちょこ割り込んでいって

こっそり寝る姿がとても可愛くて

胸が熱くなる動画があったのですが

現在は削除されているみたいです。

探したけど無かった。



Youtubeは広告をスキップすることが出来るのですが

広告を止める機能もあったらいいのにと思います。

レンジで作るミルクティーの作り方が

一瞬しか映らないので分からない。

リプトンだか日東だか

それすらも分からないので

ホームページで調べたら

リプトンみたいでした。

日東紅茶はウイルスバスターが

安全のグリーンにならないので

ホームページが見られません。



話は変わって

BS朝日の「ウチ、断捨離しました!」を見ました。

若い時に田舎から大都会に出てきて

派遣の仕事が途切れたので

田舎に戻る42歳の女性の話でした。

洋服がものすごく多くて

家の中が雑然としていました。

着ない服がたくさんあるのに大事にとってあって

物持ちが良いというか貧乏性というか分かりません。

安い服とか安い家電をたくさん買っても

心は潤わないと思うので

普段着は安いものを着まわして

お出かけ着は良いものを購入したらいいのにと思いました。

「モノは裏切らない」と言っていたのですが

下手なものを購入するより

お金を貯めたほうがいいのに。

というより

この方は42歳よりも若く見えるし

とてもキレイで可愛い方だったので

婚活とかしないのでしょうか。

結婚=幸せではないけれど

寂しいのではなかろうかと思いました。



Youtubeで

米津玄師さんの「灰色と青(+菅田将暉)」を

ジッと見ていましたら

後ろからツーちゃんに驚かされてビックリしました。

やっぱり米津さんはいいね。



話は変わって

最近のアナウンサーは姿が汚い人が多くて不快になります。

何日洗っていないのかと思うような髪の毛がベタベタな男性とか

枝毛がいっぱい出ている女性とか

ヨレヨレのスーツの男性とか

下着みたいな服の女性とか。

アナウンサー室の上司は文句言わないのでしょうかね。

そういうの指摘するとパワハラとかセクハラになるのでしょうか?

テレビ画面に映るのだから

もうちょっと節度を持ってきちんとして欲しいです。



余談ですが

BS-TBSの「報道1930」では

出水さんと高畑さんがサブキャスターをしていたのですが

産休に入った高畑さんの代わりに

今は何人かのアナウンサーが交代で出ています。

その中に

お洋服がすごく昭和感漂う感じの方がいて

いつも見るたびに

「お母さんから借りてきたのかな」

と思います。

興味深いのでそのままの感じでいて欲しいです。

余談の余談ですが

出水さんはよく噛みます。

更に余談ですが

フジテレビの久慈暁子アナは

昔とても下手だったけれど

最近は上手になりましたね。

めざまし土曜日も

西山さんと佐野さんにフォローされて

活き活きしています。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ちゅ~るのCM

玄関で猫の開きになってダラケていたツーちゃんですが

いなばCIAOちゅ~るのCMが流れると

ちゅ~るを仕舞っている棚の前にやってきて

小さなか細い声で「に~~」と鳴くではありませんか!

賢いですね~~

可愛いですね~~



ツーちゃんはちゅ~るが大好きですが

1本をチビと分け分けして

あまり与えないようにしています。

童謡の「さっちゃん」のようです。



ツーちゃんは ね

ちゅ~るが大好き ほんとだよ

だけど ちっちゃいから

ちゅ~るを半分しか食べられないの



もともとテンテンが便秘気味だったこともあって

ちゅ~るの「乳酸菌入り」を食べさせていました。

チビのおやつ用に今でも購入しています。

ツーちゃんがこれを食べると

お腹が少し緩くなってしまうので

基本は「1歳までの子ねこ用」を食べさせています。



チビはちゅ~るも好きですが

一番好きなのは

「焼ささみ チキンスープ味」です。

「焼かつお」シリーズも好きです。



ハチコ先生はちゅ~るは好きではありませんが

薬を飲ませるときに

投薬用ちゅ~るに混ぜてから

口に入れているので

仕方なく食べています。

普通のちゅ~るより少し硬めです。

動物病院で購入しています。



我が家は

いなば食品のペット商品を大量に購入しているので

株でも買おうかと思ったら

上場していませんでした。

良い会社で上場してないところって

結構ありますよね。



ちなみに

ハチコ先生の好きなおやつは

はごろもフーズの「無一物」というパウチの「ぶり」です。

猫のおやつではないですが

加熱した鯵が大好きなので

生協さんの「国産アジフライ」を揚げたり

レンジでチンしたりするときは

欲しがって

眼力というか圧がすごいです。



話は変わって

北海道の道東に「OSO18(オソ18)」という巨大ヒグマが出るらしく

牛を襲って遊ぶらしいです。

2年位前から出没し

50頭以上の牛が襲われたそうです。

食べるのではなく、いたぶって遊ぶそうです。



北海道の巨大ヒグマと言えば

羆嵐(くまあらし)を思い出しますが

OSO18は今のところ人は襲っていないそうです。

どうしてそんな名前なのかと思ったら

初めて乳牛が襲われた地名のオソツベツのオソと

足の横幅が18センチもあるので

OSO18というコードネームがついたそうです。

私の足の横幅は10センチ弱なので

どれだけ足が大きいか分かりますね。

普通のヒグマと違って夜行性なんだそうで

じゃあ夜にクマ撃ち銃で撃ったらいいんじゃないかと

思ったのですが

散弾銃は夜間発砲できないと法律で決まっているそうで

現状ではオリを仕掛けて入るのを待つしかないそうですが

ヒグマも賢いので

なかなかオリに入ることは無いそうです。



なんかすごいですね~~

私は北海道に行ったことは無いのですが

先日も札幌市内の住宅街にヒグマが出ましたし

結構身近な動物なんですね。

その中で知恵のあるヒグマが出てくると

生活の共存が難しくなりますね。



話は変わって

自民党総裁選の話です。

この前のNHKで

公開討論会をやっていましたが

河野さんはダメなんじゃないだろうかと思いました。

現実味が全然無いので

うまいことを言うばっかり

口ばっかりになるように思いました。

選挙公約で「こうします」と言ってそれがダメになっても

ペナルティは無いので

投票する側の方が

賢くならなければいけないと思いました。

まあどうなるか分かりませんが

より良い社会を作れるように頑張って欲しいです。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウシちゃんは保護されたみたいです。

今朝いつものように

チビが出窓パトロールをしていて

下の方をジッと見ているので

見に行きましたら

ウシちゃんが来ていました。

いつものチビなら

「助けてあげて」というようにニャーニャー言いながら

出窓と玄関をウロウロするのですが

今朝はジッと見ているだけで

全然身動きもしませんでした。



それで私もウシちゃんを観察しましたら

目がクリっとして

ご飯をちゃんともらっているような

活力に満ち溢れ元気な様子だったので

どこか安住のおうちをみつけたようです。

朝の散歩のときに

我が家に寄ってくれたみたいです。

猫の会話で

「ひもじい」とか「ご飯食べたよ」とか

分かるんですかね~~

チビも安心した様子でした。



話は変わって

若者言葉で「親ガチャ」というのがあるそうです。

今日の「羽鳥慎一モーニングショー」で紹介されていて

初めて知りました。



「ガチャ」とは

引くとランダムにアイテムが出てくるシステムのことで

「親ガチャ」とは

親は自由に選べないところからついたそうです。

家庭環境が恵まれている方が

暮らしやすいし

うらやましい

というような意味があって

「親ガチャはずれた」というように使うんだそうです。

その他に

「同僚ガチャ」「上司ガチャ」などがあるそうです。



へ~~~

と思いました。

いろいろとツッコみたいことがあるので書きます。



まず

「子ガチャ」はあっても

「親ガチャ」は無いんじゃないかと言うことです。

生物学的に

原則として

一つの卵子に対して一つの精子が受精するわけですが

射精時の精子の数は

億単位でも

卵子に到達する前にほとんど死んでしまうし

どの精子が受精するかは

それこそガチャだと思います。

同じお父さんとお母さんのもとに生まれても

兄弟姉妹は同一人物ではない

ということでもわかるように

卵子や精子がもつ遺伝情報はそれぞれ違いますので

親から見て子どもはガチャだと思います。

だからと言って

「子ガチャに外れた」という親は

あまりいないように思いますが。

親が違えば「あなた」は存在しません。



同じ親でも

もっと裕福で人格者なら良かった

という意味なら

親に問題があるよりも

社会に問題があるせいかもしれないので

「親ガチャ外れた」と平気で口に出せる人は

もっと政治に参加してもらいたいと思います。

少なくとも選挙できる年齢になったら

欠かさず投票して欲しいと思います。



どんな親なら「親ガチャ当たり」になるんでしょうかね。

金持ちの子どもに生まれたかったのなら

AmazonのCEOのジェフ・ベゾスとかですかね。

親に不満があるのは

どの時代でも

どの世代でもあることですが

「親ガチャ外れた」と言って

自分で出来る努力を放棄してしまわないように

気を付けて欲しいなと思いました。

そして

親を否定することは

結局「自己否定」になるので

自分を嫌いにならないで欲しいなと思います。



今よく問題になっている「ヤングケアラー」の場合では

自分の置かれた状況について

辛くて苦しくなることもあると思いますが

行政に相談して

行政を利用して欲しいと思います。



話は変わって

台風14号が嫌な進路で向かってきています。

北に抜けてくれたら良かったのですが

偏西風に乗って流れてきますので

それももう少し北寄りに行ってくれたら良かったのですが

関西圏も強風になりますので

もう本当に嫌な感じ。

台風への備えをしておこうと思います。

皆さまもご注意ください。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

動物を飼うということ。

何とは無くテレビをつけていましたら

保護犬団体の特集をやっていたので

何とは無く見ていたのですが

その中で悲しくなるエピソードがあったので

書いておこうかなと思いました。



保護犬団体は

保護した犬を世話して

新しい飼い主さんに譲渡していく取り組みをしていますが

犬のことを大事にしていることはよく分かりました。



その中で

とある老齢の女性が犬を飼えなくなったので

その団体に引き渡しに来ているところが

撮影されていました。

息子家族と同居していたのですが

息子さんが急逝してしまい

お嫁さんと孫は家を出ていき

ご本人は犬の飼えない物件に引越しをすることが決まったので

犬を手放すというのです。

申込用紙に記入していくのですが

犬を飼えなくなった理由のあとに

「ごめんなさい」と書いていました。



保護犬団体の人が

「犬にごめんと言ったって

捨てられたと思うだけですよ」

みたいなことを

責めるように老齢女性に言っていて

とてもやりきれない思いがしました。



その人だって

好きで犬を手放すわけじゃない。

本来ならば

自分が先に死ぬことになっても

残された犬の世話は

息子家族がしてくれるだろうという

そういう暗黙の了解というか

当たり前の生活の中で

生きてきたのに、

息子さんが急逝されて

人生の根幹が覆されるような経験を

今まさにしている人に対して

もうちょっと優しい言葉をかけられないものかな

と思いました。



保護犬団体の人にしたら

人間よりも犬の方が優先されるでしょうから

「人間の都合で犬を捨てて」

という怒りの気持ちになるのかもしれないですが

ちょっと怖いなと思いました。



その犬は

優しい女性に引き取られて

暮らしていますが

散歩のときに周りを見回して

誰かを探すようなしぐさをするそうです。

「前の飼い主さんを探しているのかな」

と仰っていました。

犬は情が深いから

可愛がられていた時のことを思い出すのかもしれませんね。

誰が悪いのでも無いですが

切ない話だなと思いました。



私は犬を飼ったことがなく

子どもの時から

ずっと猫派です。

たまにウサギもいましたが

世話をしたことはないです。

今は猫が3匹いますが

3匹も飼える幸せを味わいながらも

自治体や保護猫団体のホームページの

譲渡猫の様子を見ています。



保護猫団体のブログをいくつか登録していて

譲渡会に出る猫ちゃんの写真を見ていると

ウハウハ、萌え萌え、キュンキュンします(笑)

4匹目を飼う予定は無いので

見ているだけですが

仔猫の可愛い様子とか

大人猫の凛とした様子を見るのは楽しいです。



テンテンが亡くなって

その寂しさを埋めるために

どうしてもオスの仔猫が欲しかったのですが

居住地の自治体とはタイミングが悪くて

仔猫を貰えなかったので

近隣自治体に問い合わせたら

ちょうど仔猫がホームページに出ていました。

見に行った時には

ホームページの仔猫はトライアル中で

別の保護されたばかりの仔猫を数匹見せてもらったうちの

猫風邪をひいて

弱弱しくて

可哀そうな仔猫が

ツーちゃんでした。

甘やかしすぎたので

今では

おデブな王子様になっています。

本当にタイミングが良かったので

縁とはこういうものだなと思います。

近隣自治体には

お礼のつもりで

たまに物資を寄付したりしています。

自治体から登録の保護猫団体に支援されるそうです。



新型コロナで巣ごもりをする人が増えて

犬や猫を飼う人が増えたそうですが

アメリカでも同じ状況で

ワクチン接種が進んで外出機会が増えたところ

犬や猫を手放す人も急増しているそうです。

日本でも今後手放される犬猫が増えるだろうと

予測されていますが

縁あって一緒に暮らすことになったので

安易な気持ちで手放すことの無いようにしてもらいたいです。



猫の望まぬ繁殖を減らすために

避妊や去勢手術をしたときに耳をカットすると

自治体から助成金がもらえるので

保護猫団体では耳がカットされた猫が多いのですが

何かもっといい方法はないのかなと思います。

地域猫として外で暮らす猫は

判別しやすいですけどね。



話は変わって

バイデンさんは

アフガンを開放したのは間違っていない

と胸を張っていましたが

そのやり方に問題があったので

成功したとは言い難いです。

今後の世界情勢に大きな影を落とすことになるので

心配ですね。

テロを仕掛けてくることはなくても

テロリストは匿うだろうし

麻薬の密売を進めるので

世界の麻薬市場が変わってくるかもしれませんね。

日本なんか狙われそう。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツーちゃん、元気になりました。

去勢手術後の麻酔の影響が抜けなくて

ボーとしていたツーちゃんですが

手術後2日目になって

ようやく普段通りに戻りました。

「猫の1日は人間の3日」

と言いますし

成長期の仔猫の1日はもっとかと思いますので

仔猫の2日=

人間に換算すると10日前後は調子が悪かったのかと思います。

とても心配しましたが

無事にもとに戻ってくれて、

不可逆的な変性が起こらなくて良かったです。



容態の変化を備忘録として記録しておきます。

(手術前日)

夜7時ごろに最終の食事。以後、絶食。

元気。



(手術当日)

朝、元気。絶食継続。

朝9時に動物病院に預ける。

全身麻酔の去勢手術は昼頃と思われる。



夕方5時前に迎えに行く。

普段と比べると30%程度の覚醒。

起きているけれどボーとしていて動きが鈍い。

動物病院の診察台の上でおしっこが漏れる。

帰宅後すぐに階段を上がってトイレに入りおしっこをする。

起きているがジッとして鈍い。

マグロパウチを食べる。

恐かったのかピッタリくっついて死んでいるかのように寝る。(15分くらい)

呼吸は浅くて速い。

鼻の頭は普段薄いピンク色で運動したときにピンクが濃くなるが

ジッと動かないのに濃いピンク色なので心拍数が多いと判断できる。

食べたものを吐きそうになるが

口にあがったものをもう一度咀嚼して飲み込んだ。

ジッとしている。

食事は控えて水のみ。



夜8時ごろまでには、80%程度覚醒。

トイレは大・小済ます。

カリカリを食べる。

水を飲む。

眠そうにする。

頭を触られるのは嫌。(普段は平気)

呼吸はまだ浅くて速い。

鼻の頭も濃いピンク。



(手術翌日)

朝6時ごろ。階段を降りられない。

缶詰は食べない。水をよく飲む。

カリカリを少し食べて2階に上がって寝る。



昼前。パウチを食べる。

食欲旺盛。



夕方4時半ごろ。

呼吸は元に戻る。

神経反射がおかしいのか

耳と尻尾が勝手に動く様子。



夜9時ごろ。

正常に戻ったあとに

揺り返しと思われる症状。

興奮して走り回る。



(手術翌々日)

朝6時ごろ。正常に戻る。

鼻の頭も平常の薄いピンクに戻る。



メモしておけば良かったですが

ブログに書いていたことと記憶に基づいて書いています。

心臓とか神経とかに負担がかかったと思いますので

これからも注意して様子を見てあげたいと思います。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR