fc2ブログ

ツーちゃんの去勢手術、終わりました。

そろそろ成熟の兆しを見せてきたので

いつ去勢するか

時期を見計らってきたのですが

スプレーを覚えてしまっては困るので

去勢手術に踏み切りました。

近所の獣医さんに電話して

「ツーちゃんの去勢手術をしたいので、いつ伺えばいいですか」

と聞きましたら

「都合のいい時でいつでもいいですよ」

と言われたので

「じゃあ、明日で」

と答えると

「えっ!」

と言われました。



デジャブ!!



このコントみたいなやりとり。

たしかチビの時にも

同じやりとりしました。

「チビの避妊手術の予約を取りたいのですが」

「いつでもいいです」

「じゃあ明日で」

「えっ!」

この件は

2019年2月28日の「チビの避妊手術が終わりました。」

というブログ記事になっています。



オス猫の去勢手術は

朝連れて行って夕方引き取りなので

その後は家で様子を見るのですが

万が一何かあった時に困るので

動物病院の定休日と

私が出かける予定などを考えて日にちを決めました。



手術前日は晩御飯の後から絶食です。

カリカリは置き餌なのですが

夜8時には片付けました。

ハチコ先生が「あら?カリカリがないわ」と問いかけてきましたが

ツーちゃんを2階に寝かせるまで我慢してもらいました。

9時にはツーちゃんを2階に連れて行きました。

お水だけ飲めるように準備しました。

1階ではカリカリの置き餌を元に戻したら

ハチコ先生がさっそくポリポリ食べていました。

翌朝は、ハチコ先生とチビに缶詰めを食べさせた後

カリカリを片付けました。

2階の扉を開けましたら

ツーちゃんが勢いよく階段を駆け下りていきました。

この様子を我が家では「西宮えびすの福男」と呼んでおります。

開門と同時にめちゃめちゃ走ります(笑)

いつも2階で寝かせる時は

お水だけでなくカリカリも用意してあるので

お腹は空いていないのですが、

一刻も早く朝の缶詰が欲しいので

すごい勢いで駆け下りるのです。

この日は空腹だったので

余計に転がり落ちるような勢いで下りていきました。

下りていって探しても缶詰もカリカリも無かったので

また2階に走って上がってきて

猫のトイレを掃除していた私のところに来て

「ウ~~ウ~~(ご飯は?)」と聞いてきたので

「今日は病院に行くからご飯は無いよ」と言いますと

「コロンコロンしたらご飯くれる?」という感じで

お腹を見せてコロンコロンしてくれました。

可愛いです。



動物病院が開く時間に合わせて連れていき

夕方まで待って引き取りに行きました。

行く前に電話をかけていたので

ケージから出してもらっていましたが

おしっこが漏れてしまったそうで濡れていました。

目は開いているのですが

何だかボーっとした感じです。

家に連れて帰って

キャリーバッグから出したら

2階に上がっていって

おトイレに入っておしっこをしました。

1階だとチビがちょっかいを出してかまうので

2階で過ごさせることにして

しばらく様子を見ていました。

お腹が空いているかと思って

2階にお水と水分の多いパウチを用意して持っていきましたら

パウチのマグロをムシャムシャ食べていました。

ボーっとした感じは抜けなくて

具合が悪そうなので

獣医さんに電話して聞きましたら

「麻酔が抜けていないかもしれないので

何も食べさせずにケージに入れて様子を見てください。」

と言われたのですが

すでに食べた後だと言いましたら

「もどすかもしれない」と言われました。

見ていましたら

ちょっともどす感じはありましたが

また飲み込みました。

夜になって少し麻酔が抜けた感じはありましたが

おトイレに行ったり

水を飲んだり

カリカリを食べたりしていても

本調子ではない感じでした。

頭の芯に残っている感じだと思います。



私も全身麻酔の手術後に麻酔が結構残っていたことがあるので

よく分かります。

4回手術したうちの初めの2回は総合病院でやったのですが

その病院の麻酔は残りやすくて気持ちが悪かったです。

その後大学病院に転院して手術を受ける際に

「麻酔が残りやすいので気を付けて欲しい」

と麻酔医に言いましたら

「そんなことってあります~~?」とか言っていたので

大丈夫かと心配していたら

本当に全く問題なく大丈夫だったので

麻酔の成分が違うのかどうなのか知りませんが

病院によって術後の快適さが全然違うということは分かりました。



夜寝る時も2階で過ごしてもらって

お水だけ用意しました。

朝6時頃に、扉を開けたら

いつもは勢いよく階段を走り下りるのに

頭がふらつくのかして2段しか下りることが出来なかったので

抱っこして下りました。

下りてきても缶詰は食べずお水を飲んでいました。

動きはしますがやっぱり具合が悪そうです。

カリカリは少し食べて

2階に上がって寝てしまいました。

昼前に珍しくハチコ先生が「おやつをちょうだい」と言ってきましたので

パウチを開けて用意していましたら

カゴで寝ていたチビも

2階で寝ていたツーちゃんも集合したので

それぞれに食べさせました。

ハチコ先生は

ハゴロモの「無一物(むいちもつ)」というパウチが好きなのですが

「マグロ」「かつお」などの種類の中でも特に「ぶり」が好きです。

「国産」で「食品添加物を加えていな」くて

「天然水使用」というハチコ先生好みの商品です。



昼にツーちゃんが2階から下りてきた様子をみると

ずいぶん麻酔が抜けてきたようで

ほとんど手術前と変わらないくらいになりましたが

まだもう少し本調子ではありません。

今現在16時半の様子ですと

ボーっとする感じは無くなっています。

呼吸が浅くて早かったのも元に戻っています。

でも神経の不調があるのか

耳と尻尾が自分の意志とは関係なく動くみたいで

気にしています。

これももうしばらくしたら治まるかなと思っています。

手術をしたのは前日の昼だと思うので

1日以上経過していますが

不調が残っています。

ネットで調べると

1週間ぐらい残る場合もあるそうなので

様子を見ておきたいと思います。

12年前にテンテンとお兄ちゃん猫の去勢手術をしたときには

帰宅するときには元気だったような気がするので

猫によって違いがあるのだなと思います。



話は変わって

元・中日ドラゴンズの2軍投手コーチの門倉健さんの話です。

だいぶ前に失踪されたそうで

奥様がワイドショーに出られたとかのニュースを見ました。

そのときには全然気に留めていなかったのですが

あとで保護犬活動をされていると聞いて驚きました。

極悪非道な老人に角材で殴られていた犬を

保護団体が救出して

門倉さんご夫妻のもとで飼われていたのを

保護団体のYoutubeで見ていたからです。

野球の経歴とか功績とか知りませんが

保護犬活動をされていることは知っています。

あの門倉さんご夫妻だったのですね~~

「早く見つかればいいな。

ご家族は心配だろうな。」

と思っていましたが

フライデーの記事で「すでに見つかった」とか出ているらしく

失踪原因とされる醜聞も書かれていて

どうしちゃったの?

と思ったのですが

今日ご家族が更新したブログでは

警察の担当刑事さんに聞いたら

見つかってもないし、まだ安否不明のままだそうです。

フライデーの記事に書かれていることは何なのか

どういうことなのか疑問に思います。

中日球団でも消息をつかめていないと発表したそうですから

フライデー記事にあった「球団関係者」というのが

どういう人なのか知りませんが

いい加減なことを記事にするのはやめてもらいたいと思います。

フライデー側で本当にそのような重要な情報をつかんでいるなら

健全な企業として警察に協力するのが筋だと思いますし

醜聞を含む情報の垂れ流しだけでは

社会的道義に反するし

警察に対する捜査妨害だと思います。

フライデーは講談社の発行している写真週刊誌です。



ご家族としては生きているんだか死んでいるんだか

どうなっているのか不安で仕方ないと思いますが

生きていて家族に会いたくないのなら

生存報告だけでもしてあげたら良いのにと思います。

このままズルズルしていても仕方ないです。

W不倫の愛人がいたそうですが

その人が本当の最後の目撃者だと思うので

何かの情報は得られないのでしょうか?

今は旦那さんに連れ戻されているそうなので

監視下にあるのかもしれませんけれど。

警察では本人意思による失踪として事件性がないため

捜査はしないのが前提なんだそうですが

フライデーの記事を書いた人から

情報収集することは出来ないのでしょうかね。

ご家族が直接フライデーに問い合わせるのも良いかもしれませんね。

もう一度書きますけれど

フライデーの記事を書いた人は

捜索に協力すべきだと思います。

面白おかしく記事を書くだけ書いて後は知らない

と逃げるのはとても感じが悪いです。

人の生死がかかっているのだし

間違っても捏造記事とか載せないで欲しいです。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

猫ちぐらに猫が入りました。

チビは2018年10月に月齢2か月で我が家に来ましたが

少し大きくなった2019年頃に

生協さんで猫ちぐらを売っていたので

チビが入るかなと思って購入しました。

キャティーマンの「にゃんこのちぐらシリーズ」の

「まる~いつぼ」です。

値段は2500円くらいだったと思います。

ハチコ先生もテンテンも興味がなさそうで入りませんでしたが

チビは興味深げに入ったので

良かったなと思ったのもつかの間

中からちぐらの草をかじり始めてちょっと食べたので

猫ちぐらは納戸に封印されました。



それから2年して

ツーちゃんがやってきたので

猫ちぐらを床に置いてみたのですが

中に入りませんでした。

多分、中に入るものだとは思っていなかったようです。

そこで床に置いていても邪魔になるので

タンスの上に配置してみました。



ツーちゃんは月齢の割に成長が遅くて

初めはジャンプもろくに出来ませんでしたが

おもちゃで遊んでジャンプを覚えて

今では高く飛べるようになってきました。

90センチの高さのチェストに飛び乗れるようになったので

そこからジャンプしてタンスまで行けるようになりましたら

猫ちぐらに興味津々で

上に乗ってちょこんと座って下を見下ろしていました。

その時も猫ちぐらの中に入ることには気がついていなかったようです。

しばらくしてツーちゃんが行方不明になったので

どこに行ったかと探していましたら

猫ちぐらの中から

「呼んだ?」という感じで顔を出していました。

中に入って寛いでいたようです。

それからは猫ちぐらが自分の部屋だと思っているらしく

しばしば入って寛いでいます。



猫ちぐらが入れるものだと気がつく前に

イチゴのドーム型ベッドに入ったことがあります。

これはハチコ先生が小さい時に購入したので

もう14年くらい前のもので

今は誰も入りませんが

可愛いのでオブジェとして和室に置いてあります。

たまたまイチゴのドームベッドに入ったときに

「こういうのは入れるものだ」と理解したようで

それから猫ちぐらにも入るようになりました。

仔猫は日々成長していきますので

本当に興味深いです。



話は変わって

株主総会の議決権行使のために

スマートフォンで「スマート行使」と言うのをやったのですが

すごく楽ちん便利でした。

今回やったのは、ツインバード工業の分です。

初めは100株だけ購入したのですが

下がったのでナンピンしました。

さらに下がったのでもう少しナンピンしようかと思っています。

この会社は、配当利回りも低くて

長期保有には向いていないのですが

そのうちに上がってくると思っているので

上がったら売ります。

でも、いつ上がるか分かりませんので

長期で塩漬けになるかもしれません(笑)



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハチコ先生が夜中に騒いでいた。

夜中2時頃に

ハチコ先生がニャオニャオニャオニャオ

すごく鳴いていたので

「どうしたの?」

と声をかけても

ニャオニャオ鳴くだけで

意味が分かりませんので

眠かったのもあって寝ました。

しばらく鳴いていましたが

諦めたようで鳴きやみました。



前にハチコ先生がニャオニャオ鳴いていたのは

屋根のブルーシートに穴が開いて

夜中の雨の時にポタポタ雨漏りしているのを

知らせに来てくれた時でした。

朝起きてそれを思い出したので

家のぐるりとか2階とか

家の中を点検してみたのですが

特に変わったことはなさそうでした。



ハチコ先生は老齢性の病気にかかっていて

お薬を飲んでいるのですが

昨日病院で血液検査をして

薬が効いて肝臓の数値が

基準値以内に戻っていることが分かっています。

ですので

体調が悪いとか

どこか痛いとかそういうことでもなさそうです。

猫は具合の悪い時は

暗いところに入ってジッとしているような習性がありますので

そういう観点からみても

体調不良ではなさそうです。



では何故鳴いていたのかは分からないのですが

ワイドショーを見ていたら

夜中の2時頃にアップルのアイフォーン12が発表されたそうで

まさかそれではあるまい

と笑ってしまいました。

「アイフォーン12が発表されたよ」

と鳴いていたら驚きです。

結局、理由は分からずじまいですが

もしかしたら

家のそばに不審者とかいたのかもしれませんので

戸締りには十分注意しようと思います。

たまに関西とは離れた地域の

大きな地震の前に鳴くことがあります。



話は変わって

BS朝日で放送されている

「ウチ、断捨離しました!」を録画していたので

昨日見ました。

看護師として働くお母さんと

プログラマー(だったと思います。)のお父さんと

中学生の一人娘さんと

お母さんのお母さん(おばあちゃん)の4人暮らしのおうちでした。



3階建てのおうちの2階に台所やリビングがあるのですが

その片隅に娘さんのコーナーがあり

お母さんと娘さんが言い争いをしていたり

ご夫婦がケンカをしていたりと

争いの絶えないお宅でした。

私が一番びっくりしたのは

物置部屋はあるのに

娘さんのお部屋がないことです。

4部屋あるのに

おばあちゃん、お父さん、お母さん、物置部屋

と分かれていて

一人娘さんには個人のお部屋がありません。



中学生くらいの多感な時期に

リビングの端っこに居場所を与えられるだけなんて

どんな虐待だろうかと驚きました。

お母さんが言うには

「娘はだらしがなくて

部屋を与えるとグチャグチャにすることが分かっているので

部屋を与えることはできない」そうです。

今までに部屋をグチャグチャにされた経験があるのではなく

そのような恐れがあるということのようです。

部屋を与えないのは懲罰的な意味があるようでした。

確かに娘さんの机の中はおかしな分類もありましたが

じゃあ娘さんだけがダメなのかというと

それに輪をかけて

お母さんが片付け下手で

ほとんどお母さんのものでグチャグチャと汚くなっているのでした。

娘さんは

「自分よりもお母さんの方が片付け下手で汚いのに

どうして自分ばかりが責められるのか」

と大変な不満を抱えています。

そりゃあそうだろうなと思いました。



やましたひでこさんが訪問して

「どうして娘さんの部屋が無いの?

物に支配されているよ」

とアドバイスをして

物置部屋を娘さんの部屋にして

家中にあふれている不用品を断捨離することになりました。

やましたさんはアドバイスだけなので

要不要の判断はお母さんご自身でしないといけないのですが

その要不要の判断にすごく迷っているようでした。



私は迷ったら捨てません。

迷うということは正常な判断が出来ていないことですから

もう少し頭がクリアになるまで

捨てずにとっておきます。

我が家はもともと荷物が少ないですし

昔の家なので

押入れなどが結構あって

物を仕舞っておく環境が整っているので

「捨てずに置いておく」という選択が出来ます。

ありがたいことです。

でもサッサと捨てることが多いので

あんまり悩まないですけどね。



断捨離のおウチの話に戻りますと

片付けの順番が間違っていることも気になりました。

娘さんの荷物がリビングにある状況で

リビングの収納庫の荷物を全部出して

要不要の判断をしていましたが

あれはいけないと思いました。

リビングが狭くなって余計にゴチャゴチャするからです。

まずは

物置部屋の荷物を出して部屋を清掃し

リビングの娘さんの荷物を移動させてから

リビングの片づけを始めるべきでした。



最終的に家はずいぶんスッキリしましたが

お母さんの心は晴れないようでした。

家から荷物を出してどんなに捨てたとしても

自分の心が満足することがなければ

物を捨てるだけでは解決しないように思いました。

ずいぶん前に「くれない症候群」という言葉がはやったことがありますが

お母さんはまさに「くれない症候群」の人だなと思いました。

夫がコミュニケーションをとってくれない

娘が片づけてくれない

家族は理解してくれない

こういう考えにとらわれると自分が不幸になるだけだと思うので

まずは「ありがとう」という感謝の気持ちを持つと

暮らしやすくなるのではないかと感じました。



以前のブログにも書いたことがありますが

「断捨離」って部屋の片づけだけではなくて

心の悩みの解決の方が主体だと思うので

恐い部分があるのですが、

全然関係ないお茶の間から見るのは面白いです。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ホットカーペットをつけました。

9月の連休明けぐらいには

籐の敷物から

ホットカーペットに変えていたように思いますが

電源は入れていませんでした。

さすがに昨日の夜は寒かったので

ホットカーペットの電源を入れました。

でも低温に設定していたので

猫にはちょっと寒かったようです。

今朝からは中温にしていると

2匹とも猫カゴに入って丸くなって昼寝していました。



今年の夏前に

ホットカーペットを片付ける際には

猫カゴは3つあったのですが

テンテンが亡くなった時に

棺として使用して火葬場に連れて行き

猫カゴごと火葬していただいたので

今は猫カゴは2つしかありません。

我が家は仔猫が来ると

その猫の猫カゴを買うことにしているので

まさに「ゆりかごから墓場まで」という感じで使用しています。

テンテンのお兄ちゃん猫が亡くなった時にも

その子の猫カゴを棺として使用しました。



猫カゴは籐の脱衣カゴなのですが

14年前(2006年)にハチコ先生のために購入したときは

すごく丈夫で立派な籐カゴが値下がりしていて2000円でした。

その2年後(2008年)に

テンテンとお兄ちゃん猫のために購入したときには

インドネシア製でちょっと頼りない感じでしたが

1個1500円でした。

2年前(2018年)にチビのために購入したときは

海外製で同じように頼りない感じでしたが

なんと4000円もしました。

国産品のしっかりしたのを買うと何万もすると

お店の人が言っていました。

次に猫が来た時にまた猫カゴを買うと思いますが

きっと値上がりしているに違いないと思います。



チビはテンテンがいなくなって

遊び相手がいないので

体力が余ってハチコ先生を狩っています。

ハチコ先生はもうおばあちゃんだし

もともと1人が好きなタイプなので

チビのことを持て余しています。

本当なら仔猫を貰ってきて

チビと遊ばせてあげたいのですが

ハチコ先生に老齢性の病気が見つかって

今は薬を服用中です。

薬のコントロールが出来て

血液検査の結果が落ち着くまでしばらく様子を見ています。



話は変わって

子ども食堂についてです。

私が住んでいる地域にも子ども食堂がありまして

この前の回覧板で10か所以上が紹介されていました。

もともと子どもの貧困家庭が増えていて

日本の子どもの7人に1人が貧困に苦しんでいるそうです。

また新型コロナで収入が減ったおうちも多いようです。

そういう意味で

子ども食堂の活動を広く知らせるために

回覧板で紹介されていたようです。

我が家から一番近いところにある子ども食堂に

出来る範囲での協力ということで

ほんの少額ですが寄付して来ました。

菅さんのいう「自助・共助・公助」の共助に当たるかと思います。

子ども食堂の代表の方にお話を伺うと

新型コロナの影響で食堂としての活動が無理なので

お弁当にしておうちに持って帰ってもらっているそうです。

30食分ぐらい出たそうです。

子ども食堂の活動があって

栄養をつなげていけるということは

素晴らしいことだと思います。

子どもたちがお腹いっぱい食べられて

悩みなく寝ることができるような環境を作ることが

大人の役目だと思いますので

今後も出来る限りの協力をしていきたいと思っています。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

チビの抜け毛がすごい。

チビは2018年の夏生まれです。

2019年の換毛期はまだ子どもだったので

抜け毛はほとんど無かったのですが

今年は大人になって初めての換毛期を迎えました。

大人になって初めての換毛期は2年分になるので

抜け毛の量が多いです。



初めての換毛期と言うことに

全く気が付いていなくて

掃除をしながら

「なんだか最近床に落ちている抜け毛が多いな~~」

とか呑気に思っていたら

だんだん抜け毛の量が増えてきて

「なんで?誰かケガした?」

と思って調べても何もなく、

ハチコ先生やテンテンはお年寄りなので

ちょっと痩せてきているのですが

チビはまるまると太っているのでフワフワしていて

フワフワしていて

フワフワ?

ということでコームで毛をすきましたら

アンダーコートがごっそり取れました。

ちょっとすいただけで

羊毛フェルトみたいな毛がすぐに取れます。

チビは毛をすかれるのが好きじゃないようで

クネクネして逃れようとするのですが

えらいね~~

などと声をかけながらスッスッと取っています。



テンテンはラバーブラシが大好きで

ラバーブラシで背中をなでると

興奮してハイになります(笑)

毛質が硬いのかコームよりもラバーブラシの方が毛がごっそり取れます。



ハチコ先生はコームも嫌いですが

ラバーブラシはもっと嫌いで

ちょっと撫でただけでも

キャー

というような悲鳴を上げますので

コームで梳かしています。

嫌がるので時間を短くしています。

自分で舐めているので

よく毛玉を吐きます。



でも、2匹ともお年寄りなので

青年期や中年期の頃に比べると

毛が生え変わらなくなってきています。

猫は脱水が起こると毛の潤いがなくなりますが

幸いなことに脱水はしていないようで

毛は潤っています。



チビはラバーブラシでは全く毛が引っかかりませんが

コームだとごっそり取れます。

猫の毛質によってそれぞれ取れ具合が全然違います。

どんどん暑くなってきて

猫も熱中症の危険があるので

毛をすいて

少しでも涼しくしてあげようと思います。



話は変わって

検事長の定年延期の件です。

私はこの話題に全然興味がなかったので

あまり知らなかったですし

気が付いてからもあまりよく分かっていないのですが、

著名人の皆さんや一般市民の方々が

SNSで反対を発信しているのを

「ツイッターデモ」とか言うそうで

世間では大きなトレンドになっているようです。



要約すると

検事は63歳定年、検事総長は65歳定年なのを

法律で改定し

すべての検事は65歳定年、(場合によって)68歳まで延長可能にするらしいです。

高齢化の波によって定年が延長されるのは良いことだと思いますが

(場合によって)というところに問題があるそうです。

「内閣が定める事由があるとき」に定年延長が可能になるそうですが

検察は内閣とは一線を画し独立していないといけないのに

内閣に人事権が移るのは大変マズいということのようです。



そもそも、今回の件は

現在の黒川検事長という方が与党の傀儡なので

この方を検事総長にすべく画策しているという話です。

検事長は63歳定年ですので

本当なら2月に定年されているはずでしたが

無理矢理「国家公務員法」を持ち出してきて

特例的に定年延長になったそうです。

それで、今審議されている法案が国会を通過すると

夏頃に現在の検事総長が2年の任期を終えるので

次の検事総長に黒川検事長が昇進する予定なんだそうです。

そして、次に定年が来る頃に内閣が定年延長すれば

本当なら63歳で定年していたはずの黒川さんは

68歳まで務めることになるそうです。

時期が来れば退職するのですが

その任期の間に与党に利便のある次の検事を育てていく計画だそうです。

なるほど~~そういう仕組みなのですね。

ワイドショーや国会のテレビ中継を見ていると

安倍政権は、森友・加計・桜を見る会と不祥事が続々出てきたので

さらに次の不祥事に備えているのではないか

ということらしいです。



定年延長に対して検察の独立性が担保されないという点に関しては

私も賛成です。

どれだけ優秀な人でも定年制度があるからこそ

癒着を防ぐような効果があると思いますし

ましてや検察の独立性が保たれないようでは

国家として停滞するように感じます。



世間一般でこれだけ疑念を持たれていては

黒川検事長も身の置き所がないだろうと思ったりもしますが、

このような事態を是と捉えているからこそ

特例的な定年延長を受諾したのかと思うと

また違った人物評価になりますね。

このような人物が次期検事総長になることに

恐ろしさを感じます。

法律の道に入った時には

崇高な目標があったかと思いますが

与党の傀儡となることに

自分自身で納得感があるのでしょうか。

他の検事の方と同じように

63歳で定年されていた方が

晩節を汚さずに済んだのにな

と思います。



ツイッターデモを行っている皆さんは、

定年延長自体に反対の人とか

内閣の横やりが嫌だとか、

黒川さんの特別扱いが嫌だとか、

法律は嫌じゃないけど、もっと審議して国民に理解を得てからとか

理由はいろいろあって反対しているようです。

新型コロナの影響で

街頭デモは出来ませんので

このような表現方法がとられているのでしょうが

この法案は今国会で成立すると思いますので

それを止めることは出来ませんが、

本当にこの法律が嫌なら

次の選挙で与党に投票しなければ

いいのではないでしょうか?

政権が変われば

この法律を恣意的に使うことも出来ませんので、

国民のできる根本的解決とは

そういうことかなと思います。

でも、野党は頼りないからね。

難しい。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR