マーラーカオ

マーラーカオって美味しいですよね。

中国風蒸しカステラだそうですが、

マーラーはマレーシア、

カオはケーキという意味だそうです。

マレーシアから中国に渡った蒸し菓子という説もあります。



ベーカリーのマーラーカオも好きですが

第一パンのマーラーカオはスーパーで買えるので

おやつにちょうど良いですね。

カロリーが高いので要注意ですが

好きなモノは好きなので

時々食べています。

今、食べ終わったところです(笑)



話は変わりますが、

今日はすごく寒かったです。

外出する予定があったので

ダウンコート、ネックウォーマー、手袋と

完全防備しました。



以前、退院後にしばらく家で養生していて

用事があって出かけたときに

季節が変わったのに気付かずに

薄着だったので

北風に体温をどんどん取られて

商店街の真ん中で

低体温症になりかけた経験があるので

寒くなってから出かける時には

厚着をするようになりました。



厚過ぎたら上着を脱げば良いだけですが

寒くてもどうにもなりませんからね~~

風が吹くたびに体温を吸い取られて

だんだん眠くなってくるんですよ。

遭難する人はこういう感じなんだな~~

と身を持って体験しました。



家の中でも寒いので

ガスファンヒーターをつけてしまいました。

ちょっと早いかな~~

と思ったのですが

寒いのでどうしようもないです。




にほんブログ村
スポンサーサイト

ハチコ先生、ハゲハゲ!

ハチコ先生が身体をベロベロ舐める様になってきて

だんだん毛が薄くなっていきました。

痒いのかな?

皮膚病かな?

と思って

近所の獣医さんに電話で相談したら

「ストレスです。」と言われました。

毛が途中で千切れているような状態なので

皮膚病で根元からハゲているのではなく

舐めすぎて毛が千切れてしまっているのでそうです。

ストレスの原因には心当たりがあるのです。



そのままストレスの原因を除去できないまま

しばらくしたら

舐めるというより

毛をむしって抜くような行動に出てきてしまって

ハゲがかなり酷くなってきました。

人間でいうところの「抜毛症」みたいな感じです。



今度は、電話相談ではなく

ハチコ先生を連れて獣医さんに行きました。

ハゲはだいぶ進行していましたが

毛根が残っているのでやっぱり病気ではないとのこと。

副腎皮質ホルモンの筋肉注射をすると

抜毛が3週間ぐらい止まるので

早くストレスの原因を取り除くように言われました。

確かに・・・おっしゃるとおり。



注射をしてもらって帰ってきてから

身体の毛を舐めることがなくなりました。

精神的に落ち付いているみたいです。

注射1本でこんなに変わるんですね~~

驚きです。



話は変わって

日馬富士の暴行事件ですが

どんどんと新情報が出てきますね。

ワイドショー的にこちらの方が断然面白いので

モリカケ問題なんかもうどこかに行っちゃいましたね(笑)



さて、モンゴル力士会での突発的な出来事かと思っていたら

あの飲み会はモンゴル力士会では無くて

鳥取県にゆかりの力士たちの集まりだったそうですね。

なので、日本人力士も含まれているそうです。

そして、事の発端は貴ノ岩が錦糸町のバーで

若手モンゴル人力士に説教する際に

「白鳳の時代は終わった」的な事を言ったからだそうです。

巡業での飲み会で、このことを白鳳が問い質したときに

貴ノ岩の態度が悪かったので日馬富士が激怒して暴行を働いたみたいです。

「そうです」とか「みたいです」とか

現状の報道で分かる範囲なので

伝聞でしかないんですけどね~~



巡業での飲み会にどうして貴ノ岩を呼んだのでしょうか?

白鳳も日馬富士も「アイツ生意気」として呼ばなきゃ良かったのに。

それ以前は、一緒に飲み歩くような仲良しさんだったのかしら?

よく分からないのですが、

もし錦糸町の出来事を問い詰めようとして巡業の飲み会に誘ったのだとしたら

場合によっては、初めから暴行するつもりがあったのかな?

と思ってしまいました。

貴ノ岩が素直に「すみません」と謝って

太鼓持ちをしていたら何事も無かったのでしょうけれどね。



全てのことは、九州場所が済んで

いろんな人の事情聴取が終わってから

警察とか相撲協会が判断していくのでしょうね~~




にほんブログ村

アイロンを買い替えました。

アイロンをスチームで使っている時に

茶色い液が出てきました。

どうやら錆びてしまったようです。

随分前からあるアイロンなので

いつ買ったのかと思って

ひっくり返して調べたところ

2002年製と刻印してありました。

15年前ですね~~



早速、近所の電気屋さんに行って新しいものを購入しました。

ティファールのアイロンが良いと聞いたことがあるので

店員さんに聞いたところ

「どこも同じようなので、後は好みの問題です。」

的なことを言われました。

悩んだのですが、

ティファールのアイロンは持ち手が棒状になっていて

すっぽ抜けてしまいそうだったので、

パナソニックにしました。

アイロンをかけて

コードレスの台座に戻す時に

カチッとはまらず

ちょっとずれるのが嫌ですが

それ以外はまあまあ良いです。

熱いままでもカバーをセットできるところは大変良いです。



dポイントが使えたので

りそなポイントを振り替えた分を全部使い、

ずいぶんお安く買えました。

ありがとうございました。



以前はアイロンを座ってかけていたのですが

立ったり座ったりするときに

立ちくらみになることが多くなったので、

今は立ってかけられるアイロン台を使っています。

高さを調整すれば椅子に座ってもかけられますが

立ってかけた方が動きもスムーズでとても良いです。

座ってアイロンをかけていた時は

アイロンをかけるのが大嫌いでしたが、

立ってかけられるようになってからは

身体も、気持ちも楽になったので

アイロンがけは苦になりません。

逆に好きかも(笑)




話は変わりますが、

貴ノ岩のケガについて

「骨折、髄液漏の疑い」と診断した医師が

相撲協会の聞き取りに証言しています。

要約すると

「骨折の痕は、今回の事件との因果関係は不明で、そんなたいしたケガじゃない」

ということみたいです。

なんだそりゃ?

この医師は、貴ノ岩や貴乃花親方にきちんと説明したのでしょうか?

もし、していたとしたら

被害者側の方が

大したこと無いと知っていながら

診断書を大げさに取り扱ったってことなんでしょう。



そもそも、5日も入院しているのですから

何らかの症状があるとか

検査の必要があるとか

入院するべき理由があるのではないでしょうか?

診断名の1~3くらいの内容で

5日も入院する必要があるのでしょうか?

相撲協会が聞いたみたいに

私も病院に聞いてみたい。

そんな大したケガでもないのに

5日も入院させて

健康保険組合や国から

診療報酬をかすめ取っているのでしょうか?

どういうこと?

具合が悪いと訴えがあったので検査のために入院させたけれど

結果として大したこと無かったってことでしょうか?



そうすると、

診断した医師の見解では

「貴ノ岩は相撲が取れるぐらいに元気なのに

詐病をして休場している」ということで良いのでしょうか?



この話の落としどころは、どこにあるのでしょうか?

貴乃花親方はどうしたいのか、

相撲協会はどうするべきなのか。

いろんな事が謎だらけで

訳が分かりません。



私の周りでは

「ビール瓶でなく平手であったとしても

暴行するような品格の無い横綱は引退するべき」

という意見があります。



私の意見としては、

そもそも相撲を見ていないので

日馬富士は引退してもしなくてもどっちでもいいですが、

謹慎はした方が良いと思います。

貴ノ岩は

重大なケガにしても、詐病にしても

いろんな意味で

相撲を取り続けるのが難しいように思います。




にほんブログ村

近所のかかりつけ医に行ってきました。

飲んでいるホルモン剤が少なくなってきたので

処方箋をもらうついでに

昨日の診察結果を届けに

近所のかかりつけ医に行ってきました。



昨日、主治医が記入していた「乳がん術後連携パス」という冊子と

先週の検査結果のプリントアウトの入った封筒を

持って行きました。

「乳がん術後連携パス」は主治医とかかりつけ医と患者を結ぶ連絡帳です。

字が汚くて読めないのですが

「体○エコー、胸部CT 異常なし

ノルバデックス続行ください」と書かれています。



昨日の診察結果を伝えて

封筒に入っていた検査結果票を見てもらいました。

甲状腺についてのことも書かれていたのですが

「まあ大丈夫じゃない?」ということでした。

細胞診はしていないのでガンと断定されていませんし

所見コメントを見てもそんなに悪いことは書いてないそうです。

心配することはなさそうです。

右肩の痛みについても

ロキソニン湿布を貼ってマシになったと説明したら

「鎮痛剤が効くなら筋肉痛か五十肩かもね」

と言われたので大したこと無さそうです。



大学病院の主治医は、何か悪いことがあるときは

診察室の扉を自分で開けて患者を招き入れるのです。

いつもは看護師さんが開けて「○○さ~ん」と呼んでくれます。

それは意識してそうしているのか、無意識なのか

主治医に聞いたことが無いので分かりません。

今回はそうではなかったので

それも安心材料の一つなんです(笑)

過去2回、主治医が自分で扉を開けたことがあります。

そのうちの一つは、右胸の乳がんの告知のときです。

主治医が扉を開けたので

乳がんと告げられる前に覚悟が出来ました。



9月に行った静脈瘤クリニックから

かかりつけ医に「医療機関情報提供書」が届いていたのですが

それには「右下腿部深部静脈血栓症」という正式な病名がついていました。

診察してもらった時には

「詰まってる感じがある」とか、くだけた言い方だったのですが

やっぱり血栓が出来ていたのですね~~

昨日、主治医に伝えたときに

くだけた言い方でもちゃんと「血栓」と伝わったので

まあ良しとしましょう。



次の大学病院の診察は半年後だし、

かかりつけ医の処方箋も

2ケ月分だったのが

今回から3ケ月分出ました。

後は自分で気をつけて、運動して痩せるだけです。




にほんブログ村

甲状腺ガン的なモノ

昨日の診察結果を家族に伝えたところ

いろいろ質問されて困ったので

自分で甲状腺ガンについて調べてみました。

ガンなのに治療しないのが納得いかないようです。



甲状腺ガンには大きく分けて2種類あるみたいです。

「分化ガン」と「未分化ガン」です。

私の場合は、大学病院で4~5年お世話になっていて

その間定期的に甲状腺のエコーも取ってきているので

これまでの診断結果と照らし合わせて

「分化ガン」であると判断されていると思われます。

大きさも6ミリなので

「放置する」方向性なんだと思います。



主治医が

「逆に1センチ以上の大きさだったら、余命は4~5ヶ月ですよ」と言っていたのは

「前の検査でわからなかったガンの大きさが

もし1センチ以上だったら、

未分化ガンなので

余命は4~5か月ですよ」という意味だと思います。

(追記)そういえば、エコーとCTは1年に1回しかしてなかったです。

半年前の診察は、触診と問診だけでしたね~~



まあでも放置するって言っているのですから

大丈夫なんだろうと思います。

それよりも「血栓」と「脂肪肝」を何とかしなければいけませんね~~



今ふと思ったのですが

右肩が痛いのは血栓がひっかかっているのかどうか

とても気になりました。

大学病院の診察は、半年後の来年5月なので、

近所のかかりつけ医に行くときに聞いてみます。

甲状腺ガンについても聞いてみます。



地域連携システムとかで

大学病院の主治医と

近所のかかりつけ医がいるのですが

期せずしてセカンドオピニオンみたいな感じになっていて

とても良いと思います。

診察を受けたその時には疑問すら浮かばなくて

後でどういうことかなと考えたときに

近所のかかりつけ医に相談できるからです。



もう2年前ですが

乳がんの手術後に

摘出した組織の細胞の確定診断が終わって

自分の乳ガンのタイプが判明した時、

主治医から説明を受けても

何だかピンとこなかったのですが

しばらくしてから疑問が湧いてきて

会社の産業医にいろいろ聞いてみて

納得できたこともありました。

やっぱり複数の医師に聞いてみるのは大事なんだなと思います。



話は変わりますが、

日馬富士の暴行事件について

貴乃花親方の動向が不可解と言われていますね。

それを裏付ける理由の一つとして、

事件後に警察に提出した診断書(骨折の記載なし)と

相撲協会に提出した診断書(骨折の記載あり)が違うから

らしいのですが、

こういうことはあり得ると思うので

何も違和感を感じません。

骨折は、直後のレントゲンには写らない事があるからです。

でも、協会に電話で事情を聞かれた時に

「分からない」と答えたらしいのですが、

それは対応として良くなかったと思います。



ワイドショーで北村弁護士が

日馬富士と相撲協会をものすごくかばっていて

かなり違和感を感じたのですが、

日馬富士の弁護につくのが決まったらしいので、

あの時のコメントはそういうことか~~

と笑ってしまいました。

すでに依頼人だったのか、

これから依頼を受けそうだとか思っていたのかな~~



朝青龍はじめ引退したモンゴル人力士も参戦してきて

なんだか賑やかしくなってきましたね~~




にほんブログ村
プロフィール

白手袋さん

Author:白手袋さん

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR